裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

新木場サンセット2012・1日目 MC編 ネタバレなし

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

8月8日の新木場サンセット1日目の感想の続きです。今回はMCレポやその他の出演者や会場の様子を見た感想です。
ネタバレはたぶんないですが、人によってなにがネタバレなのか違っているので、結果的に不本意なものを見る可能性はあります。個人の感覚の違いからくるものなので、ネタバレを回避したい方はそこを踏まえたうえで、この記事をご覧になるかどうか判断してください。
薄らいでいく記憶に基づいたレポ&感想なので不正確な部分もあります。またうろ覚えでつじつまの合わない部分は、自然な会話に見えるようにある程度補ってます。正確さに欠けることをご了承ください。

いた場所は初めは1階の下の、向かって右側の中ほどでした。しかしグッズ待ちでずっと立っていたためかなり足が痛くなっており、1組目のクリープハイプのあと、2組目のOLDE WORLDE・3組目の安藤裕子では大半をバルコニー部分の最後方で座り込んでました。少しだけステージを見たくて後ろから覗いてみたときもありましたが、長い間立っていられなかったです。
だいぶ楽になってきたところで、4組目のフラワーカンパニーズのときに1階の下の、向かって右側後方に戻りました。で、そのまま最後のスピッツを聴いた感じです。

◆クリープハイプ
◇3曲目と4曲目の間
「クリープハイプです」と簡単な自己紹介。そして次の曲について一言。
◇5曲目と6曲目の間
「おざき○○が日曜の3時半に馬券を買って勝つと、1000円くれた」「それでスピッツのCDを買った」「今は自分で稼いだ金で買ってますけど」というようなことをぼそぼそと語ってました。で、おざき○○はお父さんのことらしいです。名前は失念してしまいました。たけおだったかまさしだったかなんだったっけと考えてましたが、ネット情報によると「まさる」さんらしいです。全然記憶と違ってました…。
◇7曲目と8曲目(最後)の間
最後のあいさつをしていたと思います。
◇まとめ
ボーカルの人、地声は低いですね。なんかぼそぼそしゃべる感じ。で、公式HP見ましたが名前は「おざきせかいかん」って読むのでしょうか? 由来も見ましたが面白い名前ですね。
欲を言うとメンバー紹介してほしかったですね。聞いてもすぐ忘れてしまうかもしれないですが、名前を教えてほしかったかなと。
縦揺れでノッて手を振る人たちが会場の前方のごく一部しかおらず、アウェー感漂ってました。私は足が痛くて少ししか動けなかったので、申し訳ないなあという気分になりました。

◆OLDE WORLDE
◇2曲目と3曲目の間
「OLDE WORLDEです。いつもはソロでバンドがいるんですけど、アコースティックなので今日はギターのド○○さんが来てくれました」。すごく上手いギタリストらしいです、ド○○さん。名前はこれも失念しました。
◇5曲目と6曲目の間
ありがとうとお礼を言ってたと思います。
◇6曲目と7曲目(最後)の間
最後になりました、と締めの一言を言っていました。
◇まとめ
かなりMCがたどたどしかったです。言いよどむと、思わずがんばれーって言いたくなりました。
通常の8823ステージとは違う、辺の短いほうに作った3373ステージでやってましたが、バルコニー部分からだと、最前列でない限り姿がまったく見えないんですね。そのため声しか聞いてなくて女性だと思ってましたが、後で調べて男性とわかり、とてもびっくりしました。どうりで一人称が「僕」だったんですね。少しでも姿を見てみたかったです。

ステージを高くしてほしいと思いましたが、おそらく仮設なのであぶないから高くできないのでしょう。モニターも通常と向きが違っていて映ってなかったです。もう少し見えるように臨時のカメラ&モニターでもなんでもいいので、見せる工夫がほしかったところです。

◆安藤裕子
◇2曲目と3曲目の間
まずは自己紹介。すごく緊張しているとのことでした。手か腕が冷たいとか震えるとか言ってたように思います。
そのあと、スピッツの曲と出会ったきっかけ話をしてました。高校か中学の修学旅行で九州行ったときに、空港だかどこだかでスピッツに遭遇したそうです。友達がファンだったのですごく喜んで、スピッツ話をしたことから興味を持って曲を聴き始めたそうです。そして「その頃の思い出の曲をやります」と言って次の曲へ。
◇6曲目(最後)の後
最後にメンバーの紹介をしていました。せっかく言ってくれましたが名前はおぼえてないです、すいません。
◇まとめ
通常のステージだったので、バルコニーの2、3列目からでも一応姿は見えました。柄のワンピースを着ていたような気がします。

◆フラワーカンパニーズ
(最初の部分は聴き損ねたのでMCしたかどうかわかりません)
◇1曲目と2曲目の間
「(スピッツが自分たちを)おやじバンド枠で呼んでくれた」「でもスピッツよりは年下なんだけどね、おやじ顔なんで」「明日はもっと年齢があがるね。若いのを連れてきてバランスとってるんだな」
◇2曲目と3曲目の間
「今日はアクースティックでやってるけど。だったら2人だけでいいじゃん。ドラムとかいらないじゃん。でも(他の2人も)ここに来てるよね」というやりとりから初めからMCしていた人ともう一人で掛け合い漫才状態になってました。
「いつもはエレキで、オーバーオールとか着てやってます」
◇3曲目と4曲目の間
オリンピックについて「卓球すごいですね。金メダルですよ」
→会場ざわめく「銀メダルでしょ。今金メダルと聞こえたよ」
「いや、でも自分にとっては金メダルだから。愛ちゃんは20年卓球をやってる。フラカンは20年ぐらい。20年卓球をやってメダル。フラカンは20年になってもメダルとれないけど、金はある。二つぐらい」
「そういうこと言うなよ(笑)」
「こういうのきみまろ向きかな」
「それはきみまろさんに失礼だろ」
他にもやりとりあった後で「近所のおじさんが紛れこんでると思ってください」
「最後に…"近づいて"きました。しつこいのでは定評があるのでまだ引っ張るよ」
◇4曲目と5曲目(最後)の間
「10/13にニューアルバムが出ます。10月に渋谷公会堂でライブをします」「田村さん来るよ。いや、約束してないけど。来てくれるようお願いします」「そしたら(田村さん目当てに)たくさんお客がくるかも。いやそういうので客を増やしてはいけないな」「最後の曲になりました」
◇まとめ
3373ステージだったので、私のところからはまったく姿が見えませんでした。おそらく2人でしゃべっていたようですが、誰が何をというのはまったくわからなかったです。
しかしそれでもMCは面白かったです。正統派漫才って感じで笑えました。このイベントの中で一番MCがうまかったのは間違いなくフラカンですね。
言ってることがおやじ入ってるので、スピッツより年下といっても顔を見なくても十二分におやじだと思いました(笑)。
曲名をいちいち言ってくれるのがとてもありがたかったです。全然知らないですからね。いつもそうなのか、ワンマンじゃないからなのかはわかりませんが。スピッツも、特にイベントでは曲名を言ったほうがいいのではと思いました。
曲でもMCでも盛り上がってすごく楽しかったです。

しかしあんなに盛り上がってたのに、ちょうど前方にぴくりとも動かない女の人がいたんですよね…。ああ、これがいわゆる地蔵とか棒立ちとか言われる人なのかと思いました。まあおやじギャグに白けていたのかもしれないけど。でも私はステージを見るのも楽しいですが、周りで楽しそうにしている人を見るのも好きなので、露骨につまらなそうにしている人を見ると淋しくなりますね。

そしてフラカン終わった瞬間…。ものすごい勢いで客が押し寄せてきて、肝を冷やしました。次がスピッツなのでみんなが前のほうに殺到してきたんですね。あまりの勢いに巻き込まれて吹っ飛ばされそうで、あわてて飛び退って逃げました。ほんとに怖かったです…。
あんなに大量の人が急に押し寄せたら、前方で圧迫されて具合悪くなる人や怪我人がでそうで、怖いなあと思いました。事前に注意とかしないんですかね。そういうと、子供じゃあるまいしいちいち注意する必要はないと言う人や、ライブというのはこういうものだと言う人がいるかもしれないですけど。私が心配性なだけかもしれないけど。でも何かあってからじゃ遅いですからね。

あと、やっぱりスピッツと他の人たちでは盛り上がり方が違いましたね。やっぱり大半はスピッツファンなんですね。まあ私もそうなんですけど。

◆スピッツ
(特に明記がなければマサムネさんの発言です)
◇3曲目と4曲目の間
「フラカンがちょうどあっためてくれたので、盛り上がってますね」
「みんな、無理すんな」
◇6曲目と7曲目の間
「オリンピック、バレーすごいですね。あとサッカー。勝ってるときは時間が長く感じるけど、負けるとあっという間に経ってしまって」「なんでなの、サッカーに詳しいでしょ」と田村さんに訊くが、「知らないよ」って感じの反応をされる。
「脳内経過…時間?、なのかな」「今、時間長く感じる?」と会場に訊く。
「でもPKは嫌だね。心臓が締め付けられる(笑)。(負けていたけど)PKになるくらいならこのままでもいいかなとあるまじきことを思いました」
テツヤ氏「俺、オリンピック見てない。早寝早起きだからね。朝のダイジェストで見てる。朝ズバとか」
テ「昔吉祥寺にこんな格好の人いたよね」テッちゃんは紅白のボーダーを着てました。
→マ「あ、グワシの人ね」(※楳図かずお)
→マ「なんかその格好の人を探す絵本もあったね」(※ウォーリーをさがせ)
→テ「グラサンじゃないけど」白プチのサングラスをつけてました。
マ「こんなかんじで冷えてきたところで(笑)次の曲です」
◇8曲目と9曲目の間
「ありがとうございました」「それから隣人に愛を、ね」
アンコール1曲目と2曲目の間・メンバー紹介
田「昔日曜の3時半に馬券を買って勝ったらそのお金でベースを買おうと思って」クリープハイプのMCネタのパクリでしたが、実際田村さん競馬好きだそうで、パクリに聞こえないなーって思いました。
崎「今日はとても楽しかったです。ありがとうございました」的なシンプルな挨拶でした。
テ「修学旅行で新幹線に乗ったとき、隣の車両にセントルイスがいて、友達が見に行って戻ってきたら、背の高いほうが俺に似てるって」安藤裕子さんのMCネタのパクリでした。(しかしセントルイスって言って昔の漫才師のことだと最近の子はわかるのかしら。ちなみに背の高いほうは星セントですね)
マ「新木場サンセットは1回で終わると思ってました。でもたぶんこれからも続くと思う」
このあと出演者の感想を言ってました。この辺りは特に記憶が抜けてますね。
クリープハイプを褒めていたけど具体的な言葉は思いだせません。
安藤裕子さんは、カバーしてくれて嬉しかったと。テツヤ氏もああいうふうに聞くとまた良い曲だと思うと。
OLDE WORLDEも褒めていたけど具体的な言葉は思いだせません。
フラカンは、当然みたいなこと言ってたと思います。田「アコースティックで聴くと曲が良かったとわかる。いつもは音で圧倒されるけど、アコースティックだとメロディが良いと」→テ「『真夏の盆踊り』をやったら崎ちゃんが和太鼓叩いてくれるよ」→発言者不明「フンドシでね」→テ「俺は横でチンチチンって叩いてるね」
テッちゃんはフラカンの曲について、たしかに『"まなつ"の盆踊り』と言ってましたが、ほんとうは『"真冬"の盆踊り』らしいです。
マ「スピッツは25周年だけど、昔俺と田村とオオノ君とニシワキ君でプレスピッツというか紀元前?のバンドをやっていて、国立のリバプールでライブをやったけど誰も客が来なかった。かわいそうに思ったのか店長が500円くれて。それで○○を食べた。("○○アメ"って聞こえたけど、ほかの人のレポみたらラーメンだったようです)」
マ「1人になっても(ライブを)続けたい」
田「ん? 草野一人になっても続けたいの?」
マ「そうじゃなくて、お客さんが。あ、でも5人はいてほしい。ステージの人数よりは多くないとね」
◇まとめ
服装についてはメモを忘れてうろ覚えなので割愛します。
今回はバルコニーではなく1階の右側後方にいましたが、視界が人で遮られているとどうしても無意識に声がするほう、つまりマサムネさんを追ってしまいますね。途中で無理やり崎ちゃんを見るようにしてました。
スピッツのMCは、ゆるいというか要するに下手だと思われてますが、フラカン以外の出演者もそれほど上手ではないので、まあまあふつうに喋れてる印象を受けました。フラカンが正統派ボケつっこみ漫才だとすると、スピッツはボケばっかりシュールな漫才みたいな感じですかね。うまく話にオチをつけられないのが、観客の不安を掻き立てる元のような気がします。いずれにせよ、MCの間も楽しそうで微笑ましかったですね。

◆イベント全体まとめ感想
やっぱり行ってきてよかった、の一言です。スピッツ以外の出演者の予習なしで行きまして、曲の切れ目や歌詞がよくわからずもどかしい思いもしましたが、流れてくる音と歌声はとても楽しめました。もちろんスピッツについては言わずもがなです。初めて生で聴く歌が聴けたり、聴きたかった曲が聴けたり、とっても楽しい時間を過ごせました。
欲を言えば3373ステージを見たかったです。バルコニー部分からも見えず、下の部分でもスペースの片方の端からでは反対側の端が見えず、だったので。場所どりが下手だった私が悪いわけですが。
さらに欲を言うと、スピッツと他の出演者との絡みを見たかったかも、でしょうか。せっかく主催なのだから、一緒に演奏するなり歌うなりするとか、それができなくても、呼んだゲスト出演者の曲のお薦めどころを、"その出演者が始める前に一緒にステージに出て"語ってくれるとか、まあなんでもいいんですけど。最後に自分たちの担当時間演奏するだけでは、主催の意味はないと思います。しゃべりが辛いなら、プロの司会者を使えばいいのではと思いますし。こういうイベントの主催なら、自分たちの演奏の質よりイベント全体の盛り上げを重視してほしいような気がします。あくまでも要望ですけど。
こんなふうに少々文句も言いましたが、全体的にはとても満足です。夢心地でした。とても楽しかったので、また来年も行きたいと思ってしまうのでしょうね。

と、妙にまとまってしまいましたが、感想はもう少し続きます。残りはライブの前後の様子やグッズについてです。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/94-f6cae81a
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。