裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

『タイム・トラベル』感想 @『僕とスターの99日』第8回

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

前の記事に引き続いて、ドラマ主題歌であるタイム・トラベルの感想です。いい加減周回遅れはまずいですからね。速攻で感想を書きました。
相変わらずドラマ主題歌がメインの感想で、ドラマはおまけの感想ですがご了承ください。

今回オープニングはアバンタイトルがかなり長く、なかなか歌になりませんでした。
前回の終わりでユナと航平のキスの写真が橋爪から送りつけられたという話を受けて、航平がボディガード及び会社を首になってしまう話を長々とやっておりました。途中、あれ歌流れたっけと心配になるくらいでしたね。
イントロは写真のことを知った高鍋が決心をする場面で、Aメロは航平が橋爪とのやりとりを回想する場面でした。やや深刻な場面でのタイム・トラベルも悪くないですね。

エンディングは、ホテルの部屋を抜け出したユナを航平が探し当てて、航平がユナを抱き寄せる場面でイントロでした。途中まだなにかたくらんでそうな橋爪を航平の姪の桃と、ユナの弟のテソンがこっそりうかがう場面が挿入され、また航平とユナの場面に戻り、航平が微妙に思いを告白して、ついにちゃんとした状況で二人がキスをするところでサビの終わりの「ああ 夢の中」が来てました。
エンディングの最後のキスの場面はどんぴしゃでなかなかよかったですが、その前の橋爪が電話している場面を入れることで、まだなにかありそうな不安感を煽っているのが、曲の盛り上がりと合っていてここもよかったです。

ドラマはけっこう怒涛の展開って感じでなにげにはらはらしました。航平とユナのキスの写真が世に出てしまうのかということで不安感&危機感を煽られましたね。制作者側にうまくはめられた格好です。ちょっと悔しいですね(笑)。
ドラマが開始したあたりの雰囲気だと、もう少しぬるい展開で終わるのかと思ってたので、要さん扮するカメラマンの橋爪がここまで悪役として絡んでくるとは思わなかったです。絡ませるとしたらこんな展開でというのはありがちなんですけどね。橋爪の航平に対する苛立ちが、今後どんなことを引き起こすか気になります。夢を追いかけるという裏テーマらしいことを、しっかりやるつもりでこの展開なら先が楽しみです。
高鍋さんは、ユナとのキス写真を橋爪に撮らせることで、航平とユナの写真を公開させないようにするという苦渋の決断をするのが、とてもかっこよかったですね。その前の子供の頃の写真を公開するという決心は、橋爪に軽くあしらわれてしまったのが気の毒でしたがちょっと笑えました。
それから私、実はたこ焼き屋のみっちゃんも好きなんで、航平がエプロンつけて店で働いているのを見ていると、みっちゃんでもいいじゃん、とか思うのですが、まあドラマ的には無理ですね。
天文台のこずえちゃんも再登場したのはいいんですが、あまり話には絡めないかもなあ。エンディングで航平とユナが心情的にはくっついちゃったからねぇ。

これでどうにか追いつきました。視聴率的に苦戦しているらしいと聞いたので打ち切りになるのではと心配してましたが、打ち切りにはなってないようですね。ちょっと安心しました。やっぱりスピッツの曲をもう少し聞いていたいですから。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/47-3cbd9251
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。