裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

『タイム・トラベル』感想 @『僕とスターの99日』第5回

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

こんにちは。ようやくライブレポも書き終えたのでこちらに取り掛かれました。『タイム・トラベル』の感想です。『僕とスターの99日』第5回で聞くことの出来た主題歌の感想がメインです。ドラマはおまけです。それをご了解の上ご覧になってください。

オープニングは、アバンタイトルで撮影現場のやりとりのあと、ユナが弟の件で報道陣に囲まれる場面です。ユナの頭に弟との回想がよぎるところからイントロが始まりました。そしてユナが報道陣に「弟を信じています」ときっぱり言い切るところがAメロ。そしていつもどおりBメロ&オープニングタイトルへ。
おだやかなイントロと弟の回想が重なると、弟を思う姉の優しい気持ちを表しているようで良い感じですね。Aメロの静かな曲調も、弟を信じるという姉の静かな決意を後押ししている感じがよいです。

エンディングは元後輩に群馬の天文台に就職の話を斡旋された航平がその天文台へ行く場面。ユナもこっそりやってきていて言い合いするところからイントロ。一旦二人は背を向けるが、せっかく作ったお弁当を渡したいユナが振り返ると、航平もこちらを向いている辺りまでがAメロ。そして航平が駆け寄ってくるところで、場面が切り替わり、高鍋さんがなぜか航平の下の姪っ子&甥っ子を連れて、航平とユナの後を車で追いかける場面ぐらいまでがBメロ、また場面が転換して、航平がつまづいてユナのうえに馬乗り状態に…!というところでサビがぶちっと切れまして。
しばし無音のまま怪しい体勢だったわけですが、結局航平はユナの髪にごはんつぶがついていることを指摘したかっただけというオチになったところでサビが再開され、場面は航平とユナの言い合い場面に続くわけですが…、歌詞が一番じゃない! 三番だ! ついにあれが聞ける! というわけで「きみのてのなか~あ~、ふぅう~う~~」と高音聞かせまくりの部分になりました。画面は言い合いの後、ユナが無理やりを装って航平に弁当を渡す場面でしたが、歌声は素敵でございました。ツイートでここをやったと聞いてましたが、実際に聞くとすごいですね~。ふつうに声が出てますなあ。
そして最後のサビ&アウトロになりつつ、ホテルのお弁当作り終えた後の惨状&社長のあっけにとられた顔→車運転中の高鍋さんの場面になって曲は終わりました。
しかしこの部分、私は最終話まで聞けないんじゃないかと思ってましたよ。ありがたやありがたや。よくやってくれました。
航平にお弁当を差し入れたいユナの乙女心と、爽快さあふれるロマンチックな歌が合っていてよかったです。

そして予告部分。花王の提供お知らせが挿入されたためか、なんとなくいつもより長いような気がしましたが気のせいかもです。

歌なしBGMもありまして、航平とユナの弟テソンが道を歩きながらしんみり語り合う場面で流れてましたが、しんみりした場面にタイム・トラベルのピアノの音が美しく響いたのはよかったです。
またクリスタルケイさんの挿入歌のSupermanは背景が物干し台でしたが、航平とユナが望遠鏡を覗きながら会話する、ややロマンチックな展開になったので、よかったです。

さてドラマの感想です。
今回はけっこう面白かったです。高鍋さんに頼らなくても面白く見れました。航平がボディガードをやめるかもという展開はそれなりに目新しいですし。ふつうに谷あり山ありの展開でそういう変化があるのはベタかもしれませんが、ここで変化があること自体はいいですね。
高鍋さんも相変わらず元気でした。ユナと一緒に『白い記憶』第一話を観れたのはよかったけど、そのあとみっちゃんのたこやき屋に連れて行かれてがっくりだったのはお気の毒(笑)。航平に昔のあだ名を言われそうになって突進していくのも素敵(笑)。
そして最後、車で群馬に駆けつけるときにまた「ふぁいやあああああ」と叫んでいたのがもうね(笑)。やっぱり高鍋大和にファイヤーの叫びは欠かせませんねぇ。
今回、先ほども言ったとおり二人の関係に変化があったわけですが、いろいろお約束どおりの展開が多々ありました。物干し台で望遠鏡をいじろうとして航平とユナの手が触れ合うとか。航平が天文台に就職するためボディガードをやめることを伝える場面からお互いを意識しあうとか。それ以前にも微妙に意識しているという前振りはありましたが、わかりやすい展開はベタなラブコメには必要不可欠ですからねー。ベタだけどこういうのがないとね。
また主人公二人以外にも、航平の上の姪っ子の桃とユナの弟のテソンとか、ユナの付き人の女の子と高鍋大和の付き人の若者とか、気になる組み合わせも出てきています。
そしてあきらめられない夢の話から航平とテソン、航平とカメラマンの橋爪との話もふくらんでいきそうです。
そして『白い記憶』…。いきなりあんな崖から落ちてぴんぴんしているとかありえない(笑)。ちょっとうけました。

こんなところですかね。日曜の夜のドラマとしては肩がこらなくていいですが、私は日曜に見ていないという(笑)。でも気軽に楽しむ分には良いドラマだと思います。
しかしタイム・トラベル、ぶつ切れで物足りないですね。フルで通しで聞いてみたいです。セリフももちろんなしで。シングルリリースは期待していないから、せめてフルで配信してほしいですね。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/41-f73dd948
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。