裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

お盆

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

ところで今日はお盆ですね。今年になって身内を亡くしたので、例年よりも思う事がいろいろあります。

今回、身内を亡くしたときの思い出話をしてみます。スピッツの音楽に助けられたという感じの話です。
はっきり言って、非常に個人的な話で、しかも身内の不幸なんでとっても湿っぽいです。他人が読んでもまったく面白くないんですが。
でもやっぱりなんとなく書いておきたくて、お盆なのをいいことに書いてみました。
有用な情報はまったくないので読まなくても大丈夫です。湿っぽい思い出話でもしかたない、付き合ってやるよと思える方だけどうぞお読みください。

辛気臭い話なのでちょっとだけ行を空けます。


◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


今年の冬、祖母を亡くしました。子どもの頃は外で働いてた母に代わって面倒みてもらっていて、その後もずっと同居していたので、とても愛着のある家族でした。
もうかなりの高齢で、認知症ではなかったけど介護も大変なくらい身体が弱っていたので、いつかは、とは思っていたんですが。
ある日突然、あっという間に逝ってしまいました。
あまりにもあっけなくて、ほんとにショックで、まさか今お別れが来るとは思ってなかったから後悔ばかり浮かんで、思い出すのも辛くて悲しかったです。
死んだ日の夜、とりあえず葬儀の準備とか諸々済ませて家に帰る途中、夜空を見ているうちに、ふとスワンの歌詞が思い出されました。
祖母が倒れたとき仕事中だったので臨終には間に合いませんでした。人工呼吸器をつけてたからまだ呼吸はしていて暖かかったけど、当然意識はなくて、ほんとにさよならも言えなくて。
そんなことを思い出しながら夜空を見上げてたら、スワンの歌詞が頭に浮かんで離れなくなりました。そうなるとひたすら脳内BGMがかかってる状態になり、ますます泣けてきました。
しばらくすると今度は脳内BGMがありふれた人生に切り替わり。
全体的な歌詞は合ってないけど、ああ心がしおれそう 会いたい とか、ああ 会いたい 夢でも会いたい とか、その時の自分の気持ちそのままだったので、頭の中でエンドレスリピートという状況になりました。
不思議なもので、頭の中で音楽が鳴ってると何も考える必要がなくなるんですね。少し気が楽になりました。
家に着いてから脳内BGMじゃなくて本物を聴き直していると、後悔ばかりで思い出すのも辛い感じが薄らいでいって、ただただ悲しいだけになりました。
音楽のありがたみを心底感じた夜になりました。そしてその曲がスピッツだったというのがとても嬉しかったです。

音楽は人生に欠かせないものなんだとこの歳になってやっと知りました。若い頃はなんで音楽に興味もたなかったんだろう…と思ったり。こんな感じで少し遅くなりましたが、音楽ってすばらしいものなんだな、と実感しました

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

以上、感傷的な思い出話は終わりです。ここまで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/405-041aa916
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。