裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

スピッツ・とげまる2011@三郷・ライブレポ 会場その他編

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

こんにちは。三郷公演から一週間経ってしまったのですね。やるべきことは早く終わらせてしまいましょう。
ということで、前の記事に続きまして、11/18に行なわれたスピッツのライブ@三郷のレポと感想でございます。
会場の様子やネタバレにならないライブ中の印象などをいろいろと、かなりどうでもいいことを書いてます。個人的な記録ということでお許しください。
また若干、ネタバレ記事内の、実はネタバレではない内容を繰り返しているところもあります。すいません。

今回の三郷公演のチケットは、払い戻し分の追加販売で購入したものです。チケットが取れると思ってなかったので、チケットが取れた瞬間は嬉しかったですが、それまで行く予定ではなかったせいか、なかなか実感がわかないでいました。が、さすがに前日からはちょっとずつ実感もわいてきて当日を迎えました。

当日は早めに家を出ました。前も言いましたが武蔵野線がちょっと不安で、止まるなよと思いながら行きました。
秋も深まり日が落ちるのが早くなりました。三郷駅に着く頃にはもう外は真っ暗。スピッツのファンになったのは春の初めだったので、半年以上たったのかとちょっと感慨深くなりました。
会場には迷わずに行けました。駅に方向を示す看板があって、しかもみなさん同じ方向へ行くので、ただついていけばいいという感じ。
駅前は店などが並んでますが、にぎやかな場所を通り過ぎるとあとはただの住宅街。広い通りで車は走ってますが、周りに人がいなかったら少し淋しいところです。

会場の三郷市文化会館は、よくある公共の建物という感じですね。そんなに小さいわけでもないですが、さいたまスーパーアリーナ等に比べたらこじんまりした建物です。ふだんはスピッツってこういうところでやるんですね。
会場に着くと建物の中へ。私はすぐに中に入りましたが、外で待っている人もいましたね。また喫茶室があったので、そこでお茶している人たちもいました。中は椅子があまりないので階段のところに座り込んでいる人もちらほらと。疲れますからね。
私はなんとなく辺りをうろうろして、中に貼られているポスターとか掲示物を眺めてました。会館で行なわれる催しのお知らせとか、市内の学校の案内とか。彦成小学校のもありました。1956年の合併前は彦成村だった地区にあるんですね。…ということが書けるのはマサムネさんのおかげ(笑)。あとはこまつなふりかけを売っているというポスターも見ました。離れたスペースではたぶん地元の人の書道の展覧会をやってましたね。ローカルな雰囲気でほのぼのしているなあとしみじみ思いました。
会館内の事務所の近くに立っていたホワイトボードには、ただ一行"スピッツ Jamboree Tour とげまる2011"とだけ。この日のイベントはあとはスピッツのライブだけなんだ、これから始まるんだと妙な実感がこみあげてきました。

そうこうしているうち開場時間に。
一旦外へ出て別の入り口から中に入ります。チケットをもぎってもらってチラシ類をもらって進むと真正面に募金箱。前回のとげまリーナの時にはすっかり忘れてた募金箱でしたが、今回は見落としようもない場所にありました。私も今回は忘れないで募金しようと思っていたので、ちゃんと入れました。
グッズ売り場等は特に興味がなかったので、早々に二階へと上がりました。二階席の前と言うより後ろのほう。ほぼ正面という感じ。二階だから遠いのだろうと思ってましたが、案外近くて驚きました。さいアリの200レベルよりは近いです。しかも前回はほぼ真横からだったけれど今回はだいたい正面でしたから、舞台全体が見渡せました。
今回も舞台のあたりがもやがかかったように見えました。さいアリのときももやがかかったように見えたのは気のせいではなかったようです。なんか機材の関係で軽く湿気が必要なんですかね。やはり楽器はデリケートなものなんでしょうね。
開演を待つ間、やはり落ち着かなくてそわそわしてました。音合わせでスタッフの人が出てきただけでもどきっとしたり。
とはいえ前回のことがあるので開演時間過ぎても、すぐには始まらないだろうと少しのんびり構えてましたが、わりとすぐに始まりましたね。メンバーが登場して歓声があがると、まわりは一斉に立ち上がって。私もあわてて立ちました。

二階からとはいえほぼ正面なので、メンバー全員ばっちり見ることができてとてもいい席でしたね。もっぱら私は崎山さんを見ていたわけですが。またスクリーンもよく見えました。前回は真横からだったので、4分割されたときはなにが映ってるのやらって感じでしたが、今回は4分割されても映像をちゃんと見ることができました。
音響は、さいアリのときは物理的に胸に響きましたが今回はそういうことはなかったです。慣れたというよりやはり会場が小さいからでしょう。大音響にする必要がないのでしょうね。しかし音がけっこう聞き取りにくかったです。特にMC。音が小さいというより、少し割れていたような。覚えている歌詞は聞き取れるけれど、予測の付かないMCは聞き取れない感じでしたね。

それからメンバーの服装を。公式の写真で確認できますが個人的メモとして残すということで。
ライブ本編の間は、田村さんは赤っぽいシャツ。マサムネさんは水色のシャツ、テツヤ氏は白のTシャツ。崎山さんは紺のシャツ。そして1曲目のときに手にしていた楽器の色が田村さんは赤、マサムネさんは青。ちょうどシャツの色と同じでしたね。
アンコールのときはみなさんツアーTシャツに着替えていたようです。細かいことは覚えてませんが、そんな感じがしました。
この内容ネタバレ記事のほうに書いてしまいましたが、MC記事かこの記事のほうがよかったですね。次回はMC記事に含めるようにします。

そしてライブ全体でのメンバーの印象を。素人なりの印象ですが。
マサムネさん。今回の声の調子は絶好調のように聞こえました。特に前半。後半ちょっとよれたように聞こえたところもありましたが、ほぼすべて素晴らしかったです。
テツヤ氏。とある部分でギターを少し間違えたのはご愛嬌ってことで、他は素敵な音でかっこよかったです。そしてMCでマサムネさんのフォローしているのを聞くと安心できます。
田村さん。やはり激しい感じの曲のほうが見ごたえのある方です。特に後半は元気よく動き回っていてすごかったです。また今回ベースの凄さを初めて実感しました。
崎山さん。やっぱり今回もかっこよかったです。大変そうに叩いているように見えないのに大変そうな音がして凄い勢いで叩いているというか。うまく説明できないけど、ほんとにかっこいいです。
さらに気がついたこと。テツヤ氏と崎山さん、話し声とコーラスの印象が真逆ですね。テツヤ氏は話し声はアヒル声なのに、コーラスのときは太くて渋い声、崎山さんは話し声は低い渋めの声ですが、コーラスのときはマサムネさんの声よりほんの少し低いすっきりした声。不思議ですね。

しかし真剣に聞いて見ているのに、なかなか覚えていられません。記憶があっという間にするすると頭の中からこぼれ落ちていくようです。特にMC等メモしておきたいこともたくさんありますが、ライブ中のメモ取りは難しいですね。

ライブ中の振り付けというか動き・振る舞いについて。
今回で二回目ですが、前回でだいたい雰囲気はつかめたとは言え、ライブ中どうしようかとまだ若干不安でした。慣れてる人ならどうってことないことでも、ライブ初心者はささいなことで悩んでしまいます。
一つだけ決めていたのは「手は上げない・振らない」。前回いわゆるワイパーのとき左右に振る向きに気を取られて、曲をちゃんと聞いた気分にならなかったからです。
で、今回気がついたのは、けっこうみんなバラバラだということ。特に前のほうで、自由に跳んだり跳ねたり揺れたりしている人を数人見かけました。みなさんとても楽しそうでしたね。そういうのをみていると、私もあまり周りを気にする必要はないのかもという気分になりました。激しい曲のときは、他人にぶつからないようにしながらも、適当に揺れてみたり、しっとり聞かせる曲のときはあまり動かなかったり。そうしたら気楽で楽しかったです。手を上げたのも、みながやってて楽しそうだったのでやりたくなった1曲だけでしたし。あまり考えすぎないほうがいいなと思いました。

アンコールが終わると恒例のピック投げ・スティック投げをしてメンバーが退場しました。崎ちゃんがスティックをくるくるっと回してからそっと投げていたのが記憶に残ってます。

帰りは、さいたまアリーナほど人はいないので、人でごった返していてもスムーズに外へ出られました。道は暗かったですが人がたくさんいたので怖くはなかったです。電車も混んで混んでしょうがないという混み方ではありませんでしたね。

そんなこんなで楽しいひと時を過ごせました。ほんとにライブは楽しかったです。スピッツの皆様にはとても素敵なライブをありがとうと感謝感激雨あられです。この後のツアーも無事に成功・終了することを願っております。
諸事情により今回の振替・追加公演は三郷だけの予定ですが、あんまり楽しかったので、市川もチケット取りしておけばよかったとちょっとの間思ってしまったほどです。とりあえず来年予定のゴースカにはぜひ行きたいですね。

思えば三郷公演は、震災による延期の振替なんですよね。本来行けなかったはずなのに行くことができた巡り合わせについて思うと、いろいろな事柄への感謝の念がわいてきます。また震災で被害にあわれた方々の生活がまだ再建途上にあると思うと心が痛みます。今私にできることは東北の商品を買うとか募金するとかしかありませんが、そういったささやかなことを忘れず続けていこうと思います。

私が買ったチケットは本来は別の誰かが行くはずのものだったのでしょう。なぜ手放したのか、理由が深刻なものなのか、ささいなことなのかはわかりません。いずれにしてもチケットを払い戻した誰かのおかげで私が三郷公演に行くことができたわけで、見知らぬ誰かに対しても感謝の思いがあります。手放した人の分まで楽しみたいと思いましたし、実際楽しむことができたと思います。

ほんとうに三郷のライブに行けてよかったです。いろいろなことにありがとうといいたい気持ちでいます。

感想はこんなところです。
長々とした感想にお付き合いくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/40-97685538
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。