裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

GO! GO! SCANDINAVIA Vol.6 @5/10新木場 レポ&感想その2

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

こんばんは。ゴースカ6@新木場・セットリストネタバレなし感想の続きです。
セットリストは伏せてますが、それ以外の演出等は伏せずに書いてますので、ゴースカの進行や出し物も見たくない人は、申し訳ないですがまだこの先は読まないでください。
あと若干黒い感想もあります。不快な物言いが嫌いな人は読まないほうがいいかもです。
MCの記憶があいまい過ぎて、まとまらないで読みにくい文になってますがご了承ください。

居場所は低い場所の後方、ステージ向かって左の田村さん側でした。


まずは話題になったタイミングを忘れてしまった話をいくつか書き出しておきます。
MC3かMC4
田村さんとテッちゃんだったか、ゴースカでは演奏以外の出し物もある、という話から「(この後)物まねもやるから」「マサムネが森進一ね」と、いきなりマサムネさんに物まねネタを振って。それを聞いてマサムネさん、えっ?!と、ぎょっとした顔をしてましたけど。しっかり「えりぃーものぉー」と森進一の襟裳岬を歌い出したのは面白かったです。会場がすごくうけてたんで、マサムネさん調子に乗って「襟裳のー春はぁー、なにも、ない、春ですー」と最後まで歌ってましたが、とてもよく似てました(笑)。
MC5だったかも
田村さんが「(会場の人達が)いつも、楽しいと呆けた顔してるよね。こっちから結構見えるんだよ、みんなが呆けた顔してるときがあるの。あまり呆けたりしないように…と言いつつ、俺も写真見ると時々口尖がらせてるんだよな」と言うと、マサムネさんが「ああ、田村はそうだね」と言ってたときがありました。
MC2か3か4か5
映画スピッツ物語をお笑い芸人がやるとしたらという話になり。
田村さんは「若林くん。俺、好きなんだよ」と言ったので、マサムネさんが「オードリーのね」と補足して。
マサムネさんは「俺はハライチの…岩井くん」と言ってて、会場がなるほど、みたいな空気に。ハライチの岩井さんがスピッツファンなのツイッターでは有名ですからね。実際にご本人様がファンクラブ会員としてその場にいらっしゃったらしくて、喜んでたみたいです。(しかし正直言って、あとのMCでの反応と比べると、社交辞令なのが丸わかりだな…と思ったり。名前もすっと出てこない感じだったし。人の悪い感想すみません)
あと誰かが「テツヤは假屋崎さん」と言ったので、テッちゃんが「假屋崎さんは芸人じゃないだろう?」と言ってたけど、「いや、似てるって。カーリーだ」とかなんとか言って、芸人じゃないけどテレビに出てるからってことでテッちゃんは假屋崎省吾さんでってことになってました。

MC5 11曲目と12曲目の間
「崎ちゃん、前に来て」とマサムネさんが呼んだので、崎ちゃんが前へ出てきました。それからマイクを握ると、話をしにくそうにして話しはじめて。
「写真を撮るとき、見るといつも自分はとろんとした目になってて。そういうのはだいたい(採用されないで)はねられる。だから目をちゃんと開いてないと」と言いながら目をかっと開けるそぶりをしてました。それから「『今日はまぶしいね』と(カメラマンから)言われるので」と話すと、マサムネさんが「まぶしそうな顔をしてるわけね」と、いつも通りにフォローをしてくれて、「そう、そういうときはこう目を開けてね」とまた崎ちゃんは目をぱっちり開けるしぐさを2回して。そのあと田村さんだったか「でも4人いるとさ、だれかしらそうなるよね」崎「でもマサムネがそうなるとだいたいはねられる」誰か「(もしメンバーが)20人もいたらどうなるんだろうね」という話になってました。
最後に崎ちゃんが次の曲について「今日お越しくださいました方に、選んでいただきました曲の中から(2位の曲を~)」と言ったのでマサムネさんが「いやにへりくだってない?」とツッコミ入れてました。

MC6 14曲目と15曲目の間
不便な便利屋についての話になり。エンディングテーマの雪風が流れる中、岡田将生が歩いてる映像だという話から、「それを見て俺だと勘違いしないかな」とマサムネさんが言うので、たしかテッちゃんがすかさず「それはないな~」とツッコミ。「マサムネのお面をつけるとか?」などと言って、そこまでしないと無理じゃね、みたいな流れになったと思います。
その後、なにかのタイミングでクジさんが「いいこと思いついた! スピッツを他のバンドがやるってどう? フラカンとか」と言ったら、即マサムネさんは「えーっ?! もっとイケメンがいい~! フランプールとか」と返してました。どう考えてもフラカンの人達に失礼なマサムネさん(笑)。そしてこれと比べるとお笑い芸人編のときは(以下略)。
マサムネさんの態度に、クジさん、しょうがないなーみたいな風情で「じゃあいいよ、フランプールで」と言うと、田村さんが「俺はいいよ、別にグレートでも」と堂々と言うので、マサムネさんもしかたなく「俺が圭介くんでね」と言ってました。ほんとにマサムネさんはイケメンにこだわるなあ(笑)と思いましたです。
最後にマサムネさん、「次の曲はあまりアゲアゲじゃないけど。スピッツに付いて来い?」いつもこの手の言葉を言う時に、きっぱり言い切るというより語尾をあげて疑問風になるのはなぜなんでしょうね。まあでもこのときはわりと力強く言ってました。

MC7と諸注意 アンコール1曲目直前
坂口氏と梅木氏が登場。そのときちょうどお客さんの誰かが倒れて運ばれてたみたいです。ステージからみなさん心配そうに声をかけてて、さらにマサムネさんが「避難したところにも届くように歌うから」と言ってました。
ここから撮影OKになって、アンコールの演奏中も撮っていいという話になり、坂口氏が撮影時の諸注意を読みあげてました。でも途中うまく注意を読みあげられなくて、声を上ずらせてふざけた調子で言うときがあったのが嫌でしたね。私は頭が固くて、真面目な話してるときにふざけるのはあんまり好きじゃないんで、ちょっと坂口氏に悪い印象がついてしまいました。社長なのだから真面目にやってほしいという感想です。
梅木氏はこのときは特に可もなく不可もなく悪い印象はなかったです。あとメンバーも坂口氏もみんな声が高めなのに梅木氏だけ低い声なので、ちょっと良い声だなと思いました。ネット上であまり評判よくないのは承知してますけどね。個人的には梅木氏自体は好きも嫌いもなくふつうなんですが、イベンターなのにアーティストのファンクラブイベントに同行しているという変則的な立場は、業界のなれ合いっぽくてあまり良い印象がありません。

MC8 アンコール1曲目と2曲目の間
撮影タイムだったので内容は覚えてません、すみません。撮影に夢中になって話がお留守になるのはやめようと思ってたんですけどね。やっぱりカメラに気をとられてたみたいです。

アンコールの2曲目が終わるとプレゼントの抽選がありました。当たるといいなと思ってましたが、私の会員番号はかすりもしませんでした。残念。
抽選中、梅木氏が今回の崎ちゃんの描いた絵について話して「最初、耳描いてなかったんだよね」と言った直後「いてっ」と言ってました。どうも崎ちゃんが梅木氏をこづいたらしいです(笑)。
抽選が終わると最後にメンバーから挨拶がありました。これもあまり記憶に残ってません、すみません。
テッちゃんは最後の挨拶だったのかその前のMCだったのか覚えてませんが、「こんどカバー曲に投票するときは、田村が歌った歌、崎山が歌った歌でいいから(投票するように)」と言ってました。
崎ちゃんとマサムネさんのは覚えてません…。たぶん普通の言葉だったんじゃないかしら…。いろいろとすみません。
田村さんは「みんなにプレゼントは当たらなかったけど、ここにいる全員に当たるぐらいゴースカは続けたい」と言ってました。


まだセットリストネタバレあり編が残ってるので、ネタバレあり編&ライブ終わった後の話はまた後日。このときにはもうネタバレOKになってると思います。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/383-b99711b1
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。