裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

GO! GO! SCANDINAVIA Vol.6 @5/10新木場 レポ&感想その1

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

こんばんは。遅くなりましたがゴースカ6@新木場へ行ったときの感想です。
(ビバラロックへ行った感想の残りがまだですが、スピッツ関連の感想を優先したいので)
明後日というか日付的には明日、ゴースカも終わってしまいますが、一応セットリストのネタバレなし編とネタバレあり編で分けておきます。でも次の更新にはもうネタバレ関係なくなってるんでしょうね。
というわけで、今回はセットリストのネタバレなし編からです。セットリストは伏せますが、それ以外、演奏ではない出し物等はふつうに書いてますので、それも見たくない人は申し訳ないですがまだこの先は読まないでください。
MCはよく覚えてられなかったんで、うまくまとまらず無駄に長いですがお許しください。


まずは開演前の話から。
新木場駅に着くと、いつも私のブログを読んでくださってる方と待ち合わせをしていたので、そこで落ち合って。しばらくお茶していろいろと楽しくお話してからスタジオコーストへ向かいました。
  u1505_101kanban.jpg
整理番号は離れていたのでその方とはここで別れて、ひとりで入場しました。
今回初めて写真付き身分証明書との照合があったわけですが。テントの下に受付が3つぐらいあったかな。会員証と身分証明書を出して、確認して終わり、って感じでしたね。
そしてたしか建物手前でドリンク代払ってチラシとドリンクチケットもらって入場、だったと思います(ちょっとあやふや…)。そして外のロッカーに荷物を入れて、建物の中に入って、ドリンクを引き換えて(ペットボトルのミネラルウォーターね)、会場に入りました。
高くなっているところはもう人で一杯だったので、低いところの後方に行きました。手前にいると邪魔になるので奥に行きました。つまりステージ向かって左の田村さん側ってことです。視界はあまり良くないけれど、首動かせば見える感じでした。

(※いつもどおり、特に注釈がないのはマサムネさんの発言です)

MC1 3曲目と4曲目の間
「こんばんは。スピッツです。貴重な日曜の夜をスピッツのために割いてくださいましてありがとうございます。」マサムネさんは相変わらず腰の低いご挨拶。
「昨日は3週間ぶりのゴースカだったんで、こうしたちゃんとした挨拶ができなくてね」
「梨汁ぶしゃーとかね。変なことばっかり」
テッちゃんも「そーねー」みたいな相槌をうって。その後も。
マ「今も梨汁出てる」テ「ああ、そう」
マ「…いつもこんなかんじでね、やってます」テ「だねー」
みたいな、適当なやりとりがだらだらと続いていて、どう見ても、マサムネさんとテッちゃん2人でじゃれあってるようにしか見えなかったです。
マ「楽屋でもくだらないこと話していて、映画の話になったんだよ。スピッツ物語やるとしたらって」テ「マサムネは三浦春馬で」マ「いや、似てないよねー」テ「でもまんざらでもないんだろ」マ「自分でも、瑛太とか言っちゃって」と映画スピッツ物語についての妄想を語り合い。テ「でも1人イタリア人がいるんだよね」マ「セリフはなくてね」テ「Bounoだけ言ってる。…あっ、でも崎ちゃん、ふだんもボーノボーノ言ってるよね」これには崎ちゃん、なにか言いたげだったけど、結局なにも言わず。「こんなだけど、崎ちゃんも田村も話すから」とたぶんテッちゃんが言ってたと思います。
それから「今日はゴースカなので、みんなが選んだ曲TOP3をやります」と言った後、「昨日は崎ちゃんだけ違う曲やろうとしてね」と話しだして。「なにやるつもりだったんだろうね」「なんだろう、イントロクイズかなあ」とマサムネさんとテッちゃん2人でしゃべってたら、パシーンと一発、崎ちゃんがシンパルをひっぱたいて、一瞬しーんとなりました(笑)。うるせぇ!とか黙れ!とか言わんばかりの怒りの一発(笑)に、「あ、うん、崎ちゃん、そうだね」みたいな感じで話をごまかして、選んだ曲TOP3について話題を戻すマサムネさん(笑)。「次にやる曲は3位の曲です」と言ってました。

MC2 6曲目と7曲目の間
(曲ネタバレあり。高い声を出す曲は大変という話のあと)「でもね、今日はそんなに辛くなかった(笑)。なんでだろ…みんなから喉を潤すなにかが出てたのかな。それとも今朝食った納豆のせいかな(笑)」
そして年齢についての話。マ「最近は(自分の)年が気になる」テ「すぐ年がっていうよね」マ「最近はしわと言わないで年齢肌っていうんだよね。老眼鏡も、老眼鏡くださーいって言ったらお手元グラスですねっていわれたんだよ」
新木場スタジオコーストについて。「今日の新木場が一番(参加している)人が多いんです」とのこと。その後マサムネさんとテッちゃんで、新木場スタジオコーストは夜になるとアゲハというクラブになるという話から、テ「でも2人ともアゲハ(の様子)がわかってないでしゃべってるから(笑)」マ「後輩に『アゲハでライブやってるんですね、すげぇ!』って言われたけど、俺らがやってるのは新木場スタジオコーストだから(笑)。アゲハじゃないから」。たぶんテ「新木場は、楽屋にらせん階段があって、その上に隠し部屋があって、そこにハートの形したダブルベットがあるんだよね」たぶんマ「なにに使ってるんだろうね」
その後、「俺らは今年で28年目になりました」(会場から歓声&拍手)「みんな48歳になったので48位の曲をやります。みんなひつじ年だからひつじ年スペシャルってことで」

MC3 7曲目と8曲目の間
たしかこのときは、崎ちゃんのお絵かきコーナーだったと思います。
梅木氏が大きめのスケブを担いで、抽選箱を持ってステージに登場。たしかマサムネさんが、籤を引いて出たお題の絵を崎ちゃんが描く、というコーナーの説明をした後「今まではご当地のものを描いたりしたよね。北海道で鮭とか」と過去の話をして。
それから崎ちゃんが籤を引くと、最初はなぜか「当たり」が出て。お題にはならないのでもう一度引くと今度は「メンバーの顔」ということで、この日はメンバーの顔を描くことに。実は前日の六本木でも「メンバーの顔」が出たそうな。
崎ちゃんが描いてる間、違う話をするということでなにか話していたけど内容は忘れました。田村さんが「なんか(会場の)みんな反応いいよね。熱いよね」みたいなことを言っていたような。
崎ちゃんは描きながらちらちらと他の人達のほうを見ていて。描きあがってスケブを見せると、テッちゃんが「わかるよねーマサムネの顔って」。マサムネさんの顔だったそうです。「昨日もメンバーの顔でテツヤだったけど」とマサムネさんが言うと、どうもこの日と違って似てなかったらしく、テッちゃんが「なんか昨日と違うよねー。ジョン・レノンみたいだったもんね」と言って。するとマサムネさんが「想像してごらん?って言わないと」みたいなことを言ってたような。

MC4 10曲目と11曲目の間
(曲ネタバレあり。最近やってなかった曲をやってなかった理由について)
マサムネさんが「やってなかった理由は、ただ単に存在を忘れていたんで」と言うと田村さんが「ほら、たくさん(曲が)あるからね」と言い訳めいたことを言い。どちらが言ったか忘れたけど「(曲を)覚えてなくて、(思い出すと)あ、こんなのやってたんだ、スピッツいいじゃん、みたいな」とも言ってました。

長いので一度切ります。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/382-5ce05145
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。