裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

雪風を聴いたよ@不便な便利屋初回放送

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

たまったネタ消化シリーズ、次は雪風を聴いた感想です。おまけで不便な便利屋の初回を観た感想も書きます。

私は何回でも言いますが連続ドラマの視聴が苦手です。でも曲を初聴きする機会は逃しません。見逃しのないようにドラマが始まる1時間前からテレビをつけてテレビ東京に合わせて、ドラマが始まるのを待ってました。

まずはドラマの感想を簡単に。気軽に観れる感じですね。笑えるという意味で面白かったです。特に印象に残ったのは遠藤憲一さん。エプロン着けてるエンケン可愛い~とか、ソリに乗るエンケン可愛い~とか思いながら見てました。印象に残った場面は、病院で、雪に埋もれた人が助かってみんなで大声で喜んでたら、看護婦さんに怒られてスローで静かに喜びを表していたところ。くだらないけど笑っちゃいました。
しかし岡田くんのキャラはイライラしましたね。文句ばっかり多くてなんもしないキャラはほんとに苦手です。ジャケットとっとと自分で探せよボケッと思って、ドラマに入りこめないところもありました。で、そのキャラがいないと物話が動かないので、その辺りはちょっと自分には合わない作風かなと思いました。このドラマのストーリーは私好みではないようです。
ただ録画しなくても自分の部屋でテレビが観れる時間帯なので、今までのスピッツタイアップのドラマの中では一番視聴しやすいです。たぶん最後まで観れるはず…です。

そして本題の雪風・初聴き感想です。
イントロが流れた瞬間、そのメロディに心奪われました。世間的なスピッツのイメージの曲調ですが、とても美しい音が流れてきて、文字どおり感動に打ち震えました。
背景が岡田くん扮する竹山純が雪の道を歩いている場面だったんですけど、遠く雪の街に来てしまったことに対する当惑・おぼつかなさ・孤独感と、静謐な雪景色が合わさって受ける雰囲気や、そういう静かで美しい雪そのもののイメージが曲に現われていて、画面を見ながら曲を聴いているだけでせつなくなりました。そして相も変わらずマサムネさんの声は美しく、演奏と声が合わさって、曲自体が雪風のようだと思いました。
歌詞はいつもどおり一回聴いただけじゃ、なに言ってるんだわけわからん、でしたが、初聴きなのでしかたないですね。単語の予測がつかないので聴きとるのがむずかしいです(笑)。
私にとっての初シングルのさらさらはあまりピンとこなかったけれど、雪風は最初から的を射抜いた感じがしました。良い曲だわ~、大好きです。初聴き以来、頭の中で雪風が鳴り続けてます。大げさに言っているのではなく、実際に今も。鈴井さんのコメントも聴いてみれば納得の内容です。そのぐらい良い曲だなと思いました。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/365-4ef4e908
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。