裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

『タイム・トラベル』感想 @『僕とスターの99日』第4回

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

こんにちは~。『僕とスターの99日』第4回の主題歌の感想です。一応ドラマの感想もありますが、メインは主題歌『タイム・トラベル』の感想ですので、ご了承ください。

オープニングは、アバンタイトルで航平とユナの会話部分。先週のラストでユナが弟に会うも拒否られた場面を受けて、翌日、航平がユナをなぐさめる場面です。ユナがめずらしくありがとうなどというあたりでイントロがかかりAメロへ。ユナはありがとうというしおらしさもみせつつ、ボディガードである航平へのサボテン呼びは忘れないところがツンもいいところです。そしていつもどおりBメロ&タイトルへ行きます。
イントロが鳴り出すといつも、やさしくて綺麗な曲だなと思います。今回の流れるタイミングもいい感じです。そして、マサムネさんの声が聞こえるといつも、爽やかでいい声だなと思います。Aメロの静かな感じがまた場面と合うんですよね。ほんとに曲とドラマの雰囲気が合ってますね。雰囲気は甘めの曲なんだけど、少し渋くて、少しあかぬけない感じが、不器用だけどくそ真面目で熱血漢のアラフォー男の恋愛話とぴったりでいいと思います。
ちなみにですね、Aメロで「呼び鈴押した」のところが好きです。あそこの歌い方がなんかね、切なげでいいです。

エンディングは、ドラマ内で色々あった末に、またユナが航平のアパートの階下のたこ焼き屋におじゃまして、そして帰る辺りからイントロ。迎えに来た事務所の車に乗り込む前の会話で、ユナは航平をサボテン呼ばわりではなく「航平」と初めて名前呼びします。さらに航平は事務所の社長からまたボディガードとしてご指名され、翌朝の撮影にも同行。そこでユナと高鍋の会話中に、高鍋が遠回しに航平を牽制する辺りで、二番サビ「ハリウッドクイーンまがいの君が」にさしかかり、そしてそこでぶった切られました。もうちょっと聴かせてよ~、と思いつつ前回よりも長かったのでそこは嬉しかったです。でもどうせならあと一息…と思わないではいられないです。いや、ドラマのタイミング的には間違ってないけどね。
それからオープニングのサボテン呼ばわりとエンディングでの名前呼び、どちらもイントロ~Aメロあたりで出てきたセリフだったような気がします。ちょうどいい対比になっている感じです。

予告は短いとわかってますが、やっぱり聞きたくて録画は止めずに観ております。

余談でクリスタルケイさんの挿入歌、今回は街中で探し回る場面でかかってました。背景が街中なので、こういうほうが合ってると思いました。あの曲は背景が安アパート(ベランダというより物干し台あり)には合うように見えません。野暮ったさがある曲じゃないと合わないと思います。
だからタイム・トラベルもこのドラマには原田真二さんの原曲よりスピッツver.のほうがいいと言うのも同じ理由です。原田さんはあかぬけないって感じしないし、スピッツはどんなにかっこよく決めていても泥臭さが残ってる感じがします。私は基本的にカバーはオリジナルを超えられないと思ってますし、それはスピッツがカバーしようと同じなのですが、このドラマ限定ではスピッツver.を推します。

で、ドラマ感想でございます。おまけ扱いすいませんね。
今回は無理な展開が前回ほど目立たず、テンポよく進んで楽しかったです。ラブコメはテンポのよさが命のような気がしますので、その辺は個人的に及第点です。ですがちょっと話の筋がぶつぶつ切れている感じがしたのが惜しいなと思います。
高鍋さんせっかくのキスシーンがカットされてお気の毒。気合十分だったのに(笑)。あと、毎回ファイヤ~~!と叫ぶシーンがあるのはやめていただきたいです、吹きだしちゃうので(笑)。テレビのインタビューではかっこよく大人の男のコメントしていたというのに航平にガンモ呼ばわりされてたのがちょっと気の毒でした。もう高鍋さん大好き。高鍋さんを愛でる会があったら入会したいくらい。私的にはこのドラマ、スピッツ>蔵之介さん>西島さん>>その他 という感じで見てます。毎回蔵之介さんがノリノリで演じてて楽しいです。
そしてまさかの航平くんケーキまみれ。西島さんのあんな姿を見れるとは(笑)。しかもその後ケーキくっついたまま事務所の社長と会話しているのが…。朝加真由美さん吹きださなかったのかしら。
航平のたこ焼き屋の格好似合ってましたねぇ。このままみっちゃんと夫婦になっちゃえー、って、なったらドラマが終わってしまいますね。
やはり一生懸命な航平には好感が持てます。脚本・演出ともにその辺の描写に手を抜いてないのがいいと思います。オープニングからエンディングでの、ユナの航平への呼び方の変化、ベタですけど、ドラマ内の航平のがんばりを見ていると納得って感じです。
なにげにユナの弟くんと航平の姪っ子の今後も気になりますね。
倍賞さんと朝加さん、キャラかぶりなのがひっかかるけど、まあ主人公とヒロインそれぞれにうるさいババアがついているという設定でいいのかなとも思います。

こんなところです。周回遅れにならずに済みました。ライブ前に宿題は片付けておかないとね。ではまた。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/36-ce53cd08
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。