裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

K.O.G.A. COVER NIGHT 2014 WHITESIDE 感想前篇

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

こんばんは。遅くなりましたが、昨年末の12月30日に下北沢CLUBQueで開催されたK.O.G.A. COVER NIGHT 2014 の2日目の感想です。2日目はWHITESIDE、1日目はREDSIDEとサブタイトルが付いてて、紅白意識してたみたいですね。
今回の感想は前篇後編一気に更新しますので、単純な出番順で語っていきます。最後のバンドを先にしません。ご了承ください。

30日は元々忙しくて開演時間ギリギリに到着するように家を出るつもりでしたが、出発直前に急用が発生して寄り道してから行く羽目になりました。そのせいで開演時間直後に到着。私が中に入ったら、もうステージでは司会者のMCが始まってました。駅からすっ飛んできたので、しばらく疲れてぼうっとして、それから落ち着くためにドリンクを引き換え(ウーロン茶にしました)、トイレに入り(店に入る前に行ってるひまもなかった)、そこでやっとMCを聞き出したものの、内容がいまいちわからないまま終わってしまい、初めのバンドが始まりました。

◆今宵の斎藤のように(エレファントカシマシ cover)
アップル斎藤と愉快なヘラクレスたち
このイベントではカバーバンドのメンバーは色々なバンドからの寄せ集めが多いですが、このバンドは単独のバンドでした。見ていたときは誰が誰だかわかりませんでしたが、調べたところ、ドラム:アップル斎藤、ボーカル&ギター:わたーん、ギター:篠崎あると、ベース:ゼウス手塚、だそうです。ボーカルの人、ちょっと長めのヅラつけているように見えました。
◇セットリスト
1.今宵の月のように
2.風に吹かれて
3.悲しみの果て
4.(曲名不明)
MCはボーカルのわたーんさんがやってました。メンバー紹介のとき、他の人たちを紹介したあと最後に、総合司会の宮本浩次ですと言ってました。
4曲目の前に、「これで最後です」と言ったら、会場からは、えーっ?!って声があがり、「でも4曲だけなんで」とすまなそうな雰囲気で答えてました。
出番が終わったあと、司会者のMCにも少し加わり、「2週間前にここでエレカシのライブを見たけどすごかった。その2週間後にこんな暴挙に出てしまって」とやたらと恐縮していました。
暴挙と言ってましたが、でも勢いがあってがんばってたと思います。といっても私がいた場所の近くからは技術的には大したことない的な評価を漏れ聞きましたが、私はそういうのはわからないので、みんながんばっててよかったと思いました。悲しみの果てを聴けたのは、エレファントカシマシの曲はよく知らない私にはとても嬉しかったです。

転換待ちの間は、司会者がステージに登場してMCしてました。今年の司会者は二位さん、古閑さん、ピストン大橋さんでした。ピストン大橋さんはマジンガーZのコスプレをしてたらしく、MCの合間にゼーット!と言ったり、「(自分が)ブレストと言ったら、ファイヤーと言って」と会場に向かって言ったりしてました。

◆KOTA AND THE ANTS(PUNK ROCK cover)
吉川コウタ(The Plashments)、笈川司(BUGY CRAXONE)、MARCH(Scars Borough)、高橋浩司(HARISS)
バンド名の元ネタを調べたらAdam and the Antsから取ってるみたいです。
予習をまったくしてなかったのでセットリストはわかりません、すみません。5・6曲やってました。演奏も歌もとてもかっこよかったです。予習してなくてめちゃくちゃ後悔しました。
MCは吉川コウタさんがやっていて、メンバー紹介を2回してました。その紹介のとき「コウタ・アンツ。司・アンツ。MARCH・アンツ。アンツ・高橋」と言ったので、ドラムの高橋さんに「なんで(自分だけ"アンツ"が)逆なの」ってツッコミ入れられてました。
コウタさんはずっとグラサンをかけていて見た目怖そうでしたが、最後のほうで外したら純朴そうな雰囲気の感じのいいお兄さんでした。
それからギターの笈川司さんは、少し田村さんに見た目が似ていて、しかもボーダーシャツ着てたから、(なんか田村さんみたいだけど、違うよね…)とやってる間中気になって気になってしょうがなかったです。よくよく見ると少し若くて少し面長なので、やっぱり違うだろうなと思いなおしましたが、ほんと少し似てました。
ちなみにメンバー全員がボーダーを着てました。なにか意味ある格好なのか、単におそろいにしただけなのかはわかりません。

例年通りバンドの合間のMCではスクリーンに映像も流れていて、このときは映画『爆裂都市 BURST CITY』のクレジットが映ってました。この映画、昔バンドをやっていた頃の陣内孝則と、ザ・スターリンの遠藤ミチロウが出てたそうです。陣内孝則が福岡の人だからこの映画を見せたんだろうと思います。
このときのMCでは司会者の方たちの若い頃の思い出話も出てました。若い頃はみなさん無茶苦茶してるんですね。

◆MENTAI REND'S(MENTAI ROCK cover)
パッチ(Radio Caroline)、ヒロキング(THE CHOCOLATES)、クスモッツ(VIOLETS)、トミー(ex.GYOGUN REND'S)
これも予習していなかったのでセットリストはわかりません。5曲くらいやってたかしら。でもわからないなりにとてもかっこよくて良かったです。1曲だけ後で調べてわかりました。『涙のミラーボール』という曲で、Modern Dollzというバンドの曲のようです。"なみだのミラーボール"と歌ってたので調べたら、そのまんまだったというね。演奏中、上でミラーボールが回ってましたよ。あと"土曜日は"なんとかいう歌詞の曲もありましたが、記憶があやふやで調べられず。
前3人はみなさん濃い目の顔立ちで、見た感じ怖そうでしたが、MCは普通でした。話し出したとたん拍子抜けするほど普通で、ちょっと安心したり。
たぶんベースのヒロキングさんだと思うけど、チューニングがあってないと言ってMCのときに必死で直してました(笑)。
ヒロキングさんとたぶんギターのクスモッツさんはかなり派手に動いていました。その辺りのパフォーマンスもすごいな~って感じでした。

このときの司会者のMCは記憶に残ってません。何言ってたかなあ。

◆SILVER ROPES(Guns N' Roses cover)
ターシ(LONESOME DOVE WOODROWS)、カタル(NEW ROTE'KA / spud)、リョウ(NEW ROTE'KA / spud)、ツカザキ(golden)、マサオ(FARMSTAY)
◇セットリスト
1.[You Could Be Mine]
2.Welcome To The Jungle
3.Sweet Child o' Mine
4.Paradise City
SILVER ROPESを聴くのは3回目なので予習してなくてもなんとかなりました。楽しみにしてましたが期待通りの期待以上で楽しかったです。
1曲目が始まる前、ボーカルが立つ辺りにスポットライトを当てて、たぶんライブ映像での会場からの掛け声"Guns And Roses"を流して、本物のライブっぽい雰囲気を演出していて、本格的なカバーっぷりでかっこいいなと思いました。
1曲目後のMC
「アクセルぅー」とカタルさんが甘えたように呼びかけるも、アクセルじゃなくてターシさん咳き込んでて辛そうでした。あの音域出すのは大変なんですね。
カタルさんが「アクセルと、あとなんとか言うの」と言ったんで、ターシさんに「ダフ・マッケイガン! まだ覚えねーのかよ! 何年やってんだ!」と怒られて。カタルさんが自分の役名を覚えるのはいつになるのでしょうか(笑)。
スラッシュのカツラがより大きくなっていたらしく「スラッシュのカツラについてはまた後で話す」とか言ってました。
2曲目後のMC
歌っている間にマイクのコードに巻癖がついたらしく、ターシさんがくるくるマイクを回して巻癖を外しつつ「アクセルはワイヤレスなんだけと、ワイヤありだからなー」と愚痴をこぼしたり。
カタルさんが「アクセル、おぐし乱れてるわよ」とアクセルのみだれ髪にツッコミ入れたり。
さらにカタルさん「自分はカツラを新しくしたけど。なんか雑じゃない、タトゥーとか」とさらにターシさんにツッコミを入れて。それに対してターシさんが言い返していると、それを無視してカタルさん上着を脱いで「裏地、赤のチェック」とか言って、「人の話聞けよ!」とターシさんに文句言われたり。
ターシさんが「(SILVER ROPESは)9年やってる。来年は10周年」と言ったので、たぶんカタルさんが「じゃあ、もっと長い尺でやろうか」と言うと「無理だよ! 今だって大変なのに」と言って。「(9年やってても)演奏は評価されない。トークばかり面白いと言われて。ロックの真髄はトークなのか!」とターシさんが主張しだすと、カタルさんが「今日はキレキャラで行くの?」とそっとツッコミ。
3曲目後のMC
歌い終わった後ターシさんがマイクスタンドを気にして動かしてたので、誰かが「壊すなよー」「アクセルなら客席投げ込んでるからいいんだ」
スラッシュじゃなくてリョウさんが「ガンズのTシャツを着てる時点でガンズじゃないな」と言いだし、「特にアクセルのTシャツはバッタもんだから」とダメ出し。
そのあと「(本物の)スラッシュが今年も来日した。来年2月も来日するから2回目」という話になり、リョウさんが「この格好で行こうかな」と言うと、ターシさんが真顔になって「日本人としてそれは止めたい」とやたら本気で止めてました(笑)。
リョウさん、ニューロティカとspudは今年最後で本当に最後になるそうで、今入っているバンドは今年で辞めるけれどSILVER ROPESは辞めない、という話になり。続けてツカザキさんもLONESOME DOVE WOODROWSも(バンド名聞きとれず、すいません)も辞めたけど、こっち(SILVER ROPES)には出る、という話も出て。誰だったかはわからなかったけど「愛だね」と言ってたように、メンバーのSILVER ROPES愛を感じさせる話になってました。
「これで最後」の言葉に会場からえーっ!?のやりとりがあり。
それから4曲目だけ、前回同様にケイ伯爵(大久保敬さん)が加わってました。前と同じようにチャラい姉ちゃん風味の雰囲気で、日の丸柄に"失神"の文字が入ったTシャツ着てました。

MCレポばかり書き連ねましたが、演奏と歌もとても良かったです。トークばかり評価されるとターシさんが嘆いてましたが、面白いMCも素晴らしい演奏があってこそなのは言うまでもないです。とてもかっこよかったです。

まだ続くのでまずはここまで。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/347-d940ce32
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。