裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

テレビ朝日ドリームフェスティバル2014 3日目・レポ&感想その2

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

テレビ朝日ドリームフェスティバル2014@代々木第一体育館に行ってきたレポ&感想の続きです。
まずはスピッツについて語る、の続きですね。

席はアリーナ席の前半分の後方、向かって左側。
ステージは高さがあり、左側はまあまあ見えましたが、右側は人の頭で見にくかったです。そして花道の先端より後ろだったからか、花道にいる人もよく見えなかったです。盛り上がってきてみんなが手を挙げるとステージ左側も見えなくなります。
そういうわけでスピッツの時は、田村さん、崎ちゃん、マサムネさんはなんとか見えましたが、テッちゃんはほぼ完全に見えなかったです。新木場でもよく見えなかったので、今年の夏イベはテッちゃんに縁がないなと思いました。

04.迷子の兵隊
始めにベースかギターかわからないけど低い重い音が鳴ったんで、なんだろなと思ったら迷子の兵隊! 今年の夏イベセトリで、私が聞いていないパターンにあるのは知っていたけど、こういうイベントではやらないんじゃないかと思ってたから驚きました。必ず聴けるとは思ってなかったんでとても嬉しかったですね。
そして生で聴く迷子の兵隊はすごく迫力あって、めちゃくちゃ怖かったです。こういうのを聴くと、スピッツはいわゆる「ロック」をやるのねって改めて思いますね。
照明は全体的には赤で、終わり間際の演奏では白いライトが当たってました。ギターに当たって締めはドラムだったかな。最後のドラムはほんとうに迫力あって凄いなあの一言です。

05.アジアの純真
今年のカバー曲、実は私、Helloよりアジアの純真を聴きたかったんで、ここで聴けてすっごく嬉しかったです。マサムネさんが女性ボーカルの曲をカバーするのが好きなんです。照明は赤がメインだったような。元歌は、やんちゃな雰囲気の不思議ちゃんの歌って感じでしたが、スピッツは、元々変な歌を爽やかに鳴らして歌いあげるバンドだけに、不思議な世界を大人の余裕でみせて、なおかつかっこよさを足してる感じがして面白かったです。

MC2
「今やったのはアジアの純真で、いつもスピッツはイベントでは人の曲をカバーさせてもらうんですけど、ツアーでもちょっとMC中に歌ったりするんで。そのときに一番受けたのは…、崎ちゃん」と、後ろ振り返りながら崎ちゃんに促したところで、だいたいスピッツファンは想像ついたと思います(笑)。そしてドラム連打からの女々しくて(笑)。♪女々しく、女々しくて、つらいよ~♪ までだったかな。会場大ウケで、「という感じでやってたんですけど。やっぱりみんな好きだね~」と言った後に「俺も大好き」。その言い方がねー、なんか可愛いんだけどあざとかったです(笑)。
「こうやって勝手に使わせていただいていたんですが、今日、ゴールデンボンバーと初めてイベントでご一緒させていただいて、さっき楽屋に行ってご挨拶できて。今まで断りもなくやっていたんで心苦しかったんですけど、やっと言えて胸のつかえがとれました。
…ああ、今日はいい日だ」最後の一文は安堵のため息交じりでした。なんか風呂上りにビール一杯飲んだ後のおっさんみたいな感じで(笑)、ほんとにほっとしたんだねぇというのがまざまざと伝わる言い方でした(笑)。
「今日は花道がありますよね。スピッツはふだんはステージのこの線よりも(とステージの辺りを示して)向こうには行かないので、今日は冥土の土産に行ってみようかな」と言いながら花道を歩きだして。冥土の土産ってなに?(笑)って感じですね。そして会場から歓声があがったら、「うわー、緊張してきた。ドキドキするな。こんな近くに来ると年がばれちゃうね」とか言ったりして。で戻る時は、「走って戻ると息があがって歌えなくなっちゃうから」と言いつつ小走りになってたみたいです。みたいというのは人にさえぎられてよく見えなかったからです。

ちなみに花道は演奏中は誰も使わなかったです。スピッツらしいといえばらしいですが、どうせなら(たとえ私からはよく見えなくても)来てほしかったですね。あるものは使ってほしいものです。

06.涙がキラリ☆
この曲メロディはJ-POPだけど音はわりと激しいので、ポップな曲とロックな曲のつなぎにいいんだなあとあらためて思いました。今回のイベントで聴いた男性の高音は、他の時と比べると声量が落ちて演奏に埋もれやすいけど、最後の高音も他の場所と同様に明瞭に聞こえるのはさすがマサムネさんですね。照明は白でした。

07.8823
イントロ聴いて、素直に夏イベのセトリどおりにやるんだとある意味感心しました。ほんとに良くも悪くもいつもどおりでマイペースだなあ、スピッツは、と思いました。
ペンライト混じりのスタンドに青の照明が綺麗でした。私の周囲は反応が早かったんでたぶんスピッツファンと思われる人多めでしたが、スタンドも手振ってる人が多かったです。

08.メモリーズカスタム
周囲もみんな手を振り上げていて盛り上がってるのはいいんだけど、その分ステージが見えなくなってしまうのがちょっと残念でした。崎ちゃんのドラムはいつもどおり音はすごかったけどよく見えなかったんで。照明はいろいろな色を切り替えていたと思うけど、よく覚えてません。

09.野生のポルカ
最後まで夏のイベントのとおりにやるんだ~って思いました。そして8823からの三連荘で飛び跳ね過ぎて疲れて死にそう、とも。盛り上がってとても楽しかったです。照明はいつものように白で、ふつうに武蔵野の空でした。最後のところは大きな声ではないけど歌いました。
途中で誰か吼えてるなと思いましたが、ネット情報ではテッちゃんが「代々木~!」と言ったらしいです。田村さんはこの3曲で暴れてたわりには花道来なかったです。シールドがあまり長くなかったんでしょうけど、ちょっと残念。
あと一つ、ネガティブなことを。私個人はとても楽しかったし、スピッツファンにとっても良かっただろうと思うけど、でも締めの曲を野生のポルカにしたのは、それ以外の人にとってはどうだったんでしょう…。前の2曲と比べると棒立ちの人もいましたしね。最新アルバムからの曲だと知らない人も多いだろうし、前もってこういう曲をやると言っておくか、あるいはそういう説明を入れたくないなら、ここだけ夏イベのアンコールでやったという運命の人にしてもよかったんじゃないかなーと思いました。

最後の挨拶は「どうもありがとうございました~! スピッツでした~!」と言って、あとはマサムネさんとか花道に出ていつものピック投げ。
崎ちゃんも花道手前でスティックを投げてたみたいです。はけるときは、いつものように袖に向かって、まっすぐじゃなくて会場側に弧を描くようにして走って去っていきました。

当日の話は以上でございます。あとはスピッツの出番全体についての感想を。

もともと新木場は連休取れないので2日目の1日だけにしようと思ってたら、ドリフェスがあって。もっぱらお財布的な理由でさんざん悩んだけど、結局今年最後になりそうだからと思って行くことにしましたが。そうしたら行かなかった新木場初日と同じセットリスト(アンコールはないけど)を聴けて嬉しかったです。ご本家版を聴いた後の女々しくてもあって、行ってよかったなと思いました。

簡易感想でも書きましたが、聴けて嬉しかったのは迷子の兵隊とアジアの純真、良かったのはシロクマと迷子の兵隊、楽しかったのは8823から野生のポルカまでですね。

アウェイのスピッツを見たいなとも思ってましたが、結構盛り上がっててアウェイ感はなかったです。やっぱり昔大ヒット飛ばしたバンドは違いますね。

さっきも書きましたが、良くも悪くもいつもどおりだ、と思いました。自分主催でも、別のところ主催でも、おんなじように変わらずいつものステージをする、という感じ。一フファンとしては、安心して楽しめる半分、変化が見えなくて物足らない半分ですかね…。まあ頑固なおっさん達だなあと思いました。

それからスピッツはあまりセットリストを変えないと言われますが、その理由の一つに、曲に合わせて照明演出をがっちり組んでるからではないか…と今回推察しました。陸前高田ではちゃんと一般受けするように内容を変えていたからというのと、ツイッターによるとスピッツのときの照明はスピッツ側でやってたらしいという話を見たからそう思ったんですけどね。

あと、曲紹介とメンバー紹介はやってほしかったかな。時間が足りなくてMC少なめなのはわかりますけど、でも余分な言葉なしで名前だけでもいいから会場の人に伝えてほしいなあと。自力であとから調べるのより、仮に滑舌悪くて聞こえなかったり忘れちゃったりしても直接本人から教えてもらうほうが嬉しいしね。

それからファンのひいき目入った感想も言っておきます。と言っても抽象的で自分でもなんと説明したらいいかわからないのですが。
歌詞を曲と一緒に楽しめるというか、言葉が音と一緒になって耳から意味の塊となって頭や心に飛んでくるのは他の人達の曲にはないなと思いました。他の人のは詞は聞き取る、演奏の音は聴くって感じで分かれてるけれど、スピッツは演奏と一緒に詞が歌として響いているというか。説明は難しいけどなんか違うと感じたんですね。やっぱりスピッツの作る音楽が好きだと改めて思って惚れ直しました。

以上です。残りのアーティストのレポ&感想はまた後日。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/330-5a6474fc
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。