裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

『タイム・トラベル』感想 @『僕とスターの99日』第2回

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

どうも。遅れましたがドラマ主題歌の感想です。ドラマの感想ではありません。
…いや、少しはドラマの感想も書きますけどね。いくらなんでもまるきりドラマを無視するのはちょっと違うと思いますし。そんなわけで偏りのある感想ですが、もしよろしかったらどうぞ。
なお、直前回(第3回)の感想でもありません。周回遅れなので検索で来た人は気をつけてください。

今回『タイム・トラベル』を聴けたのはオープニングとエンディング、そして予告です。たぶんこれからもこんな感じでしょう。

まずはオープニング。
アバンタイトルは、ユナと見知らぬ男とのツーショットが写真週刊誌に載ったため、ユナが事務所の社長に怒られる場面でした。その場面の終わり辺りからイントロが流れたあと、いきなりBメロ(「スフィンクスが眠る~」から始まる部分)になって、画面もオープニングタイトルに。そしてサビになって、画面がCM提供になり、フェードアウト。
イントロとかやっぱりドラマの雰囲気に合ってると思います。イントロが流れると画面に引き込まれるような感じがするんですよね。
しょうがないといえばしょうがないけれど、やっぱり長く聴きたいです。特にサビの途中からフェードアウトしてしまうのが、やっぱり淋しいです。たぶん毎回言うことになりそうな感想ですね。

そしてエンディング。
ユナが探しているらしい男が街中で、ユナが映る広告スクリーンを見あげる辺りからイントロです。そしてユナがホテルの部屋にいる場面になり、そのあと航平が家に戻った場面になります。ここで、なくした星座表のパズルのピースがポケットから出て来たので、元の場所にはめて。それから家に戻る前の場面の回想を交えつつ物干し台へ出て望遠鏡を星を覗くところで終わり。このときはイントロ~一番全部~間奏~二番のサビの途中までとかなり長くかかりました。
今回二番まで聴けたのが、とても幸せです。すごく長く聴けたので次回もこのぐらいやってほしいものだと思いました。それに二番までやってくれたので、一番サビの高音部分が聴けたのが最高です。ほんとに素敵な声です。
歌詞が北極星という辺りで、ちょうどパズルの、北極星が描かれたピースをはめる場面になりました。いかにも狙った感じがして面白いです。
ラブコメの主題歌なので演奏は軽快な感じなんだけど、二番サビ「ハリウッドスターまがいの君が」あたりの演奏はとてもかっこいいです。

最後、エンディングからすぐに予告へ。1番のサビ部分のみです。とても短いです。わびしいですね。

余談。クリスタルケイさんの挿入歌を初めて聴きました。
この人の曲、アニメののだめカンタービレのエンディングのときもいまいちと思ったけど、今回も…。曲自体はわるくないんですけど、なんかしっくりこないんですよね。タイム・トラベルが上手くはまってる印象が強いのでなおさら合ってない感が強いです。ただ一部しか聴いてないので、今後聴いてみてまた評価したいと思いました。

そしてここではおまけ扱いのドラマ感想です。でも一応書かないとね。
展開はちょっと強引で無理があるかも。中盤はややだれる感じ。
ユナ→航平の心理描写はいい感じです。航平の真摯さに心が傾きつつある過程が無理なく描かれてます。こういう女視点の描写は好みです。航平の亡くなった両親とパズルの話を聞いたところで、すぐさまピースを放り投げたことを後悔するのは、いかにも儒教に影響されている韓国人らしいです。
航平→ユナはまだちょっと描けてないですね。もっぱらトラブルメーカーなだけのユナに好意をもつ要素が今のところ見えてこないので。一途なところぐらいかしら。判断は今後の展開を待ったほうがいいかもしれません。
というか、これ、必死こいてる西島さんに胸キュン(笑)するドラマなのかもしれませんね。
高鍋さん、ユナが写真週刊誌に載った当日朝の撮影現場での対応は、下心あったにせよ男前でした。ただのネタキャラではなく、いいところも見せるのはいいです。そして衝撃的な過去(デブでかわいくない男の子だった)がなんとも。子供の頃の航平くんはさもありなんだが、子供の頃の高鍋さんはやりすぎでしょ。でも子供の頃のあだ名のせいで、がんもどきに反応するのがちょっと笑えます。
カメラマンは、うさんくさいキャラがベタですがよいです。
姪のももは、KYなうざキャラで少々目障りですね。物語の後半でなんか手ひどい目にあっていただきたい気分になりました。
ユナが探しているらしい男は、役者としては素人さんらしいので、セリフをあまりしゃべらせない演出が上手いなと思います。
ユナと男が持ってるキーホルダー、あざといですがわかりやすいのはいいことです。
展開が強引なので全体的にくだらないと思いながらも、心理描写は比較的無理がなく、笑える要素もあるので、次回も見る予定でいます。展開が無茶な分評価は下がりましたが。中の中か、中の下かな。

今のところ感想を書く元気はあります。一応コメディなので、まあなんとか。第3回の感想は今週末ぐらいにでも。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/32-66991903
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。