裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

「楓」を聴いてみる

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

スピッツにはまったきっかけ話のつづきです。

以前から、スピッツで気になっていた曲がありました。それは「楓」です。これも比較的メジャーな曲で、いい曲だと思っていたのですが、ちゃんと最初から最後まで聴いたことがなかったのです。この機会に歌詞を確認しつつ「楓」を全部聴いてみようと、「楓」の動画をクリックし、さらに歌詞を探そうと、うたまっぷのアーティスト名・スピッツで検索ボタンをクリックしてみました。
そうすると、当然スピッツの曲目リストがずらっと並ぶのですが、作詞・作曲がほぼすべて草野正宗さんだというのが一目瞭然なわけです。つまり「ロビンソン」の少し風変わりな歌詞も「ラズベリー」の少し変態な歌詞も同じ人が作ったのだと、ここで初めて知りました。
そんなことが頭をよぎりつつ、さっそく歌詞を別窓に出して並べて「楓」のPVを見始めました。

感動してしまいました。
とてもせつなくて美しい曲だったので。
感想なんてありふれたものしか書けませんが、歌詞がすばらしい。
大事な人を失くす前の無邪気な思い上がりと、失くした後の心に秘めた思いが短い歌の中に凝縮されていて、聴いていると、喪失感あふれる心の痛みが鮮やかに浮かびあがります。
特に「瞬きするほど長い季節」の歌詞がもう…。永遠を一瞬の内に閉じ込めたようなイメージが広がります。PVがプラネタリウムの映像なので、果てしない宇宙のイメージと重なってよけいに美しく感じます。
あまりにも感動したので、PVを何回も繰り返し見てしまいました。そのせいか他のメンバーの顔もなんとなく覚えました。以前よりかすかに覚えていた変な髪形のギターの人と、ふつうの感じのギターの人(もちろんベースとギターの違いなんて私にはわかるはずもなく)、鼻が高すぎるドラムの人、みたいな印象で。そして草野さんが意外にイケメンかも…?と思ったり。「キモい」評価から随分好感度あがりました。

そんなこんなでスピッツへの評価はあがったものの、この時点では、まだはまってはいません。
ただ昔の曲が懐かしくなって、知っている曲の動画をクリックしはじめました。「楓」の歌詞がとてもよかったので、歌詞もちゃんと読んでみようと、うたまっぷで歌詞も検索しながらいろいろな知っている曲を聴いていました。
読んでみた結果は想像以上でした。
今まで、限られた大ヒット曲だけが、その曲に限って独特な変わった歌詞だからヒットしたのだろうと思ってましたが、実はどの曲もみんな不思議な歌詞だったと知ったのです。
ひょっとして自分は今までスピッツを過小評価していたのかしら…とそんな気がしてきました。

このときは土曜の夜でした。もし翌日が仕事なら、適当なところでやめていたでしょう。「スピッツの歌ってかなり良い歌詞なのね」どまりで、はまるまでには行かなかったはずです。

でも翌日は休みなので止められなくなってました。さらに知らない曲も聴いてみようと思ってしまったんです…。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/3-1490a924
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。