裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

フェスティバリーナ@武道館初日その2・ネタバレ感想前篇

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

こんばんは。フェスティバリーナ@武道館のレポの続きです。
今回はセットリストネタバレありの感想です。セットリスト見たくない人はこの下にスクロールしたり追記ボタンぽちっとしたりしないでくださいね。
例によって記憶があやふやなので、不正確なレポであることをご承知くださいませ。

まずは武道館初日の感想です。
このときの席は2階(マサムネさん曰く「3階」)で、南スタンド前方。ステージ・モニターともに良く見渡せて、思ったよりも遠く感じず、かなり見やすい席でした。さすがに直に見て表情まではわかりませんでしたが、モニターのおかげで無問題でしたね。
ということで以下感想です。


行間をあけますよ。





初日にグッズを買ったのですでにピンズは持ってましたが、つけるのを忘れたため、この日はライブ中に光らせることはできませんでした。間抜けですね。



もう少し下に。



このぐらいですかね。この下からです。



まずオープニング。真っ暗な中、モニターに文字や模様が映し出されて曲が流れて。曲はリコシェ号と宇宙虫とscatが流れてたのはわかりました。
でも後日知ったのは、その中に未発表の曲もあったということ。なんでも名前をつけてやるの頃に録ったらしいです。名古屋ではそのことについてメンバーが話したらしいですが、武道館では特に何も触れてなかったですね。
今回一応ネタバレ避けもしていたので、そんな話はまったく知りませんでした。知ってたらもっとちゃんと聴いていただろうけど…。そんなわけでその曲のことはよく覚えていないのでちょっと残念です。

そしてメンバーが登場。特に凝ったことはせずいつもどおりにステージに現れて曲が始まる、という感じだったような。変わった出方をしてたら印象に残ると思うので。

01.夜を駆ける
最初の音を聞いた時の衝撃といったら!! 「ふぁっ!? なっ!? ああっ!? あぁあ!$%&#@*¥!!!」てなふうに、頭の中が言葉にならない叫びでいっぱいになり。ステージも青い照明に照らされて、某動画*で見たような光景が目の前に広がり。このまま昇天してしまいそうになりました。
まあ昇天はせずになんとか地上にとどまって聴いておりましたが、3年前の3月5日に私の心を鷲掴みにした曲を生演奏・生声で聴けてこんなに幸せなことはありませんでした。この曲がなかったら私スピッツファンじゃないと思うとなんとも感慨深いのですが、あまりにも驚き過ぎて少ししか覚えてないのが、情けないっちゃ情けないです。
それでも演奏と歌に聴き入り、目の前の綺麗な青い照明に胸いっぱいになってました。青い中に白い花柄のライトも浮かびあがっていてそれもまた綺麗でした。
*放浪隼純情双六の映像なんだが、初聴きの衝撃ということであえて某動画と言う。

02.海とピンク
夜を駆けるの衝撃からまだ覚めきれない状態で聞き始めましたが、楽しそうな音になんとか気持ちを切り替えることができました。照明は黄色で、ピンクじゃないんだねと思ったり(笑)。あとこの曲のときはモニターにメンバーが映り、マサムネさんの顔が頬のしわの寄り具合がおっさんっぽく見えつつも妙に若くも見えて、とっちゃんぼうやのようだなあとも思いました。

ここでステージセットについて。傘の骨みたいな形をした照明がたしか大きさ不揃いのが四つありました。光り方が曲によっていろいろ違っていてので、形も違うふうにに見えてましたね。それからドラムセットの向かって右に山形にスのマークの照明もありましたね。
モニターはステージの上にあり、全曲ではなかったですがメンバーのアップの映像も映ったので、2階南からは正面でよく見えたこともあり、とてもありがたかったです。

03.けもの道
イントロのベースが気合い入り過ぎていて、きっとけもの道だろうなあと予想できました。赤い照明だと若干暗く見えるので、重い雰囲気が曲の重さと合っていてかっこよかったです。冒頭の歌詞はふつうに東京の日の出でした。千代田とかひねってくるかななんて思ってたので、あ、東京なんだねとほんのちょっぴり拍子抜け。まあそれでもいいんですけど、意外性のないのが意外な感じでございました。そして崎ちゃんのドラムさばきもがとてもかっこよかったです。

04.僕の天使マリ
照明は紫のかったピンク色でした。CDで聴いたときはさほどインパクトなかったのですが、実際に初めて生演奏を聴くと、とても軽快な曲で聴いてて楽しかったです。「マリ」というところのコーラスは田村さんで、へえーと思ったのですが、たしかモニターではコーラスしてるところが見えないときもあって、ちゃんと見たかったなと思ったり。
でもってこの曲か次の曲で、モニターに映ったドラム叩きながらの崎ちゃんの笑顔が超キュートで、またしても魂鷲掴みにされてました(笑)。

05.不思議
イントロから意外と激しい音で、不思議のイントロはよく覚えてなかったので、Aメロになって、あらこれ不思議なのかとびっくりしました。アニメ映画の挿入歌になったから聴けたのかなと思いましたね。これも初めてライブで聴いた曲でしたが前から聴いてみたかったので嬉しかったです。
照明は黄緑と黄色で、背後の傘のライトが花のようになってかわいらしくて綺麗でした。意外と激しい音だけに、ここでも崎ちゃんの手の動きが素早すぎてすごかったです。

06.恋する凡人
照明はピンクと白。歌詞に「どしゃぶりの中を」とあるだけに傘のライトはまさに傘に見えました。思わず走りたくなる曲だなと思って聴いていましたね。

(MC1・ネタバレMCはなし)

07.空も飛べるはず
タイトルに空があるだけに空色の照明でした。このフェスティバリーナではモニターに弾いている手元のアップも頻繁に映ってました。イントロ部分だったと思うけど、テッちゃんがピックで弾いているところが映って。その指の動きがなんとなく綺麗だなと思えて、気がついたら見入っていました。

08.プール
武道館は素人の耳でも必ずしも音がすごく良いとは思えないんですが、プールのときはそのこもったような音が水の底にいるようで不思議な雰囲気になってました。照明も全体的には青と紫だったんですけど、すみずみまで照らすというよりも、時に白い照明でかすんでいてこれまた水の底にいるみたいでした。幻想的な雰囲気になっていてとても良かったです。
これも初めて聴いた曲でしたが、これはCDで聴いたときのイメージどおりで予想どおり良かったという感じです。

09.フェイクファー
これも音が鳴った瞬間に驚きと嬉しさのあまり頭が真っ白になりました。これは一度ゴースカで聴いてはいるんですが、運命の人と違ってゴースカでは途中でやらなくなったので、あんまり期待してなかっただけにまた聴けて嬉しかったです。あっというまに終わってしまったような気がしました。
照明は茶色と赤でした。フェイクファーはアルバムのジャケットと重なってなんとなく淡いピンクのイメージだったので、意外だなと思ってしまいました。
途中のコーラスは崎ちゃんでしたが、終盤のバックコーラス("遠くまでー"とか)はたぶん誰もマイクを通して歌ってはいないようでした。終盤はみんな演奏で忙しいんでしょうね。

MC2
開始早々「フェイクファーを聞いてもらいました」と言ってました。曲紹介があるのはいいなと思いました。
そして最後には「次は夏の歌で、会いたかった会いたかったというのをやろうと思います」と言ってました。これで次の曲がわかりますね。

ところでここのマサムネさんのMCで「自分がもしミュージシャンになってなかったら、社会不適合者だったと思います」と言ってましたが、私、別の意味でとても反応してしまいました。実は某英国探偵ドラマにはまっていて「なっ、まさか高機能社会不適合者!?」とわかる人にしかわからない感想がよぎり。(まあマサムネさん自身は多分そのドラマは見てなくて単なる偶然の一致だと思う)
しかもその直後「会いたかった会いたかったというのをやろうと思います」なんて言うものだからもうね。そのドラマの最終話の最終場面で「会いたかった?」という言葉があったがために、そのドラマの連想で頭が一杯になってしまったのでした…。いやはやスピッツと関係ない感想になってすみませぬ。
ちなみにそのドラマの最終話の感想を一言ツイッターでつぶやいていたので、そのドラマの言及自体で曲ネタバレしてしまう恐れがあったのでこちらに書きました。

10.夏の魔物
照明は青と赤。この曲も初めて聴いた曲でしたが、いかんせん上記のとおり某英国探偵ドラマの連想に頭がいっぱいになって、記憶があまり残ってません、すみません。ですので2日目の感想で書かせていただきます。

11.涙がキラリ☆
やはり出だしの激しい音がかっこいいですね。照明は白だったと思います。星の光のイメージかなと思ったり。最後の高音の「かすかな光」が相も変わらずよく出ていて、草野マサムネすげーなあと思いました。

12.エスカルゴ
崎ちゃんのドラムとともに金銀の花吹雪が勢いよく散って、三角の旗飾りがステージに登場して、なんか手品のようでした。スピッツにしては派手な演出で、最初は非常にびっくりしました。照明は白と赤と黄色だったかな…。2日間見たわりに派手な演出に目を奪われたのか記憶があいまいです。

13.ヒバリのこころ
照明は白で非常に明るかったです。この曲は後ろのアウトロが長くてライブ終わりごろの印象があるので、なんかもう終わってしまいそうだなあと思いながら聞いておりました。
あとたぶんこのときモニターに、マサムネさんアップの後ろのほうで、崎ちゃんの腿がなにかを踏んで動かしてるところが見えて、ドラマーは手も足も忙しいのねと思いました。

なおこの曲か恋する凡人か涙がキラリ☆のとき(なぜかというと白っぽいライトのときだったので)の、崎ちゃんのドラムさばきがかっこよかったです。前のほうに並んでる太鼓を順に流れるように叩いていくところが、なんかすごいなと見惚れてしまいました。

ここで一度切ります。続きはまた後日。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/299-d8d39b96
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。