裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

小さな生き物ツアー@大宮1日目 その3 ネタバレあり前篇

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

2月17日月曜日、大宮ソニックシティで開催されたスピッツのライブ1日目のレポ&感想の続きでございます。
セットリストネタバレありです。相変わらず長くなってるので2分割です。
ネタバレ見たくない人はここから引き返してくださいね。


ネタバレが目に入らないように改行します。



私の席の位置は2階の後方ほぼ中央でした。遠くて表情は見えないし、目を凝らすのが大変で、あまり視覚の記憶がありません。



歌の感想は前回とかぶるところもあるので、比較的短めになってるものもあります。



また今回は見た感想とその時の曲の記憶が一致してなくて曖昧になってるのが多いです。ご了承ください。





この下からです。





01.小さな生き物
今回の大宮ではこの曲のときからもうかなり盛り上がってました。2階席の後方でも曲が始まってすぐに周囲はほぼ全員立ってましたから。
宇都宮ではこの曲の時は座ってる人が多くてさほど盛り上がってなくて、その印象があったので自分の中ではこの歌で始まるのは微妙だなと思ってました。すごく好きな曲というわけでもなかったし。でも意外に盛り上がっていたものだから、初めのうちは周りの熱狂と自分の気持ちに少しずれがあって、どこかほわ~っとした気持ちというか、現実的じゃない場所にまぎれこんだような、そんな感じで聴いてました。また曲調がゆっくりめで照明も白っぽかったのでなおさらふわふわ感があって。
ただ音自体はとても強く感じて、その強さに押されて自分の心の中もだんだん盛り上がっていって、いつのまにか最後は周りの熱狂とぴったり合ってたような、そんな感じです。
この歌は優しいけれど強い歌なんでしょうね。わかりやすく盛り上がる曲じゃなくても、曲や音が持ってる強さで気分が上がるものなんだなあと思いました。自分の中の盛り上がり方がいつもと違ってて面白い経験でした。

02.けもの道
最初田村さんにスポットライトが当たって、おおっ、ベース始まりだって、そこで妙に気持ちが盛り上がりました。こういう演出も良いものですね。地名を変えるところは、よく聞き取れなかったけどたぶん大宮の日の出だったと思います。照明の色もあまり覚えてないんですが、やっぱり白っぽいライトで、大きめの三角と小さめの三角を頂点で合わせてきんちゃくみたいな形になってる模様が浮かんでました。曲に合わせて模様が動き回るので、それも盛り上げに一役買ってたように思います。

03.放浪カモメはどこまでも
この曲は今回始めてライブで聴きました。CDで聴く分にはすごく好きという曲ではないんですが、ライブで聴くとものすごく気分が上がりますね。三日月ロックその3と入れ替わってるのでがっかりしそうな変更なのに、むしろとってもよかったです。聴いてて超楽しくて、特にサビの部分が気分いいです。こんなに楽しめてとても意外でした。やっぱり良い曲なんですねぇ。照明は赤くて、とても情熱的なステージでした。
曲終わりに、崎ちゃんがよくスティック持った手を挙げて腕を突き上げる格好をしますけど、とくに放浪カモメ(か、けもの道)の時のが、すっっごくかっこよくて、もうここで死んでもいいわみたいな気分になりました(笑)。

(MC1・ネタバレなし)

04.潮騒ちゃん
ここでステージセットがはっきり見えるようになりました。蛍光管というかネオン管というかそういうもので形作った物体とグライダーの模型のおおざっぱなレイアウトはこんな感じです。

地球と"SPITZ"       クローバー へび型"S" 蝶々
             花

 "14"   グライダーの模型       男女の人型

 さい                    白鳥

"14"っていうのは14枚目のオリジナルアルバムって意味なんですかね。2014年じゃないと思うんだけど。宇都宮でどうだったかは覚えてないです。

潮騒ちゃん、やっぱりかわいい曲だな~って思います。歌詞はあんまりかわいくないんですけどね。なんせ「ほっといてくださいませんか」ですから。でも曲は楽しくてかわいいです。照明は黄緑っぽかったかな。聴いていて明るい気分になります。明るくなるし開放感がありますね。手拍子は大宮でもなんとなくやりそびれました。いつもタイミングがずれてやれない感じです。

05.名前をつけてやる
前回の宇都宮で、二番目に大宮でもう一回聴きたい曲だったので(一番目は恋は夕暮れ)、変わらなくって嬉しいです。感激です。
照明は赤と青と紫と緑が点いていました。切り替わっていたかどうかは記憶にないです。宇都宮でも思ったけど、いい年したおじさんの名前をつけてやるはいいなあと改めて思います。そして最後の歌じゃないところ、La La La…Ah Ah Uh Uhh が、それはそれは綺麗な声で、うっとりしてしまいました。ああもう草野マサムネは人間じゃねぇ、妖精さんかなんかなんじゃないの、と思います。
それからこの曲だったか記憶があいまいですが、出だしの崎ちゃんのカウントが遅めのテンポで三回ならしてたように思います。

06.スピカ
照明は紫と青で、色使いが前も書きましたがPVのようで、とても綺麗でした。背景のネオン管の物体も一色じゃなくて青とピンクになっていてこれも綺麗で、曲の雰囲気ともよく合っていました。今回個人的に一番照明が綺麗と思ったのはこれだったと思います。曲がキラキラしていて詞がキラキラしていて照明がとても綺麗で、いい歌だなあとつくづく思いましたよ。

07.オパビニア
照明はちょっと薄い茶色っぽかったような。なんでこの色なんだろうと単純に不思議なんだけど、曲の最中は気にならないです。この曲で特に楽しみなのは最後のところですね。「どれくらい?」と声だけになるところがほんとうに素敵です。宇都宮のときと同様、周りが暗くなってマサムネさんだけが白いライトが当たって姿が浮かび上がっていて、より印象的に聴こえました。もちろん他のところもいいんですけど、やっぱりインパクトが違います。

MC2
「『スピッツのボーカルの髪型、あれなに?』って言われる」という話から「そんな頃の20年前から歌っていた曲を」と言って次の曲へいきました。

08.ロビンソン
白に近い薄緑っぽい照明でとても爽やかでした。床には白いライトで曲線の模様が浮かんでて、少し不思議感ただよってました。ほんとに何度聞いても良い曲だと思ってしまうんですよね。スピッツといえばこの曲って感じです。

09.ランプ
イントロでぽわんぽわんした音が聴こえたときに、前からこんな音あったっけと思って、記憶って当てにならないというか曖昧なものだと思いました。アレンジ変えではなく私が覚えてなかっただけだと思います。照明は暗めの茶色で、しんみりとした雰囲気がよりいっそうでてました。

10.さらさら
全体的に青くて白の直線が映る照明。今回も綺麗だったけど壁に白い線が映った感じは宇都宮のほうが効果的だったように思います。それでもすごく綺麗で詞の雰囲気と合ってました。
ところでさらさらのサビ部分の曲調はかなり盛り上がってて、個人的には手を上げてもいいような気がするんですけど、あんまりやる人がいないんですよねぇ。そうなると私は人目を気にしてしまうので毎回できないでいるんですが、今回はどうしても自分の中で納得いかなくて、勇気をふりしぼって最後の3番というか大サビのところだけやってみました。この曲あまり盛り上がらないなとメンバーから思われてしまうのはもったいないような気がして、ちょっとがんばってみました。

MC3
センチュリー21のCM話で「1曲目でやった小さな生き物が」と言ってました。
そしてさんざんCMの話をした後で「こうやって長いことやってるので、ここで古い歌を、恋は夕暮れという曲をやるので聞いてください」と締めくくってました。「恋は夕暮れ」と言ったとき会場からかすかにため息のような歓声があがってましたね。

11.恋は夕暮れ
バンドバージョンのイントロはちょっと名前をつけてやるっぽい感じだなあと思いました。なんとなく素朴な感じがします。そして絶対CDよりライブバージョンのほうがいいと私は思います。CD音源でほしいな。他の曲と入れ替えにならないでまた聴けてほんとに良かったです。超嬉しい!
で、歌を聴いていると、「恋は…」の…の部分がほんとうに秀逸で、やっぱり草野正宗(詞に関してなので漢字で)は天才だなあと思います。こういう詞を作れるってほんとにすごい。
照明はオレンジっぽかったです。ラストのシンバルの音がとても好きなんだけど、今回は照明の当たり具合で、私のところからは崎ちゃんの姿が見えなくて、それがとても残念でした。

12.エンドロールには早すぎる
潮騒ちゃんの手拍子はやりそびれたので、こっちの手拍子は忘れずやりました。前も同じことを思いましたが、楽しくて軽快な曲調と、情けない男の泣き事みたいな詞とのずれが面白いですね。
照明は赤と黄色で、床にミラーポールっぽく石畳とかブロック積みのように四角が並んでいるのが円形になっている模様が映ってました。

13.りありてぃ
今回この曲で印象に残ってるのは、マサムネさんが「スマイル保って」のときに、歌い方がいわゆるロックのボーカルっぽい声の張り上げ方になってたことです。ああいう癖のある歌い方をするのを覚えている限りでは今まで聴いたことがないので珍しいなと思いました。照明は白っぽくてけもの道のときと同じような模様が出てたと思います。
それからたぶんこの曲だったと思うけど、崎ちゃんがかっこいいと思ったところがありました。客席から見て向かって右側のなんかを激しく連打するところがすごくかっこよかったです。ドラムについては用語も物の違いもわからんので位置しか説明できなくってすいません。

あと、中盤ぐらいに、間奏のテッちゃんのギターがかっこいいなと思った曲があったんですが、何の曲だったか思い出せません(泣)。照明の色の記憶から、たぶんオパビニアかランプか恋は夕暮れだったと思うけど、そうじゃないかもしれないし。断片的な記憶すぎて、とてももどかしいです…。

以上ネタバレあり前篇は終了です。後編はほんとは今日終わらせたいけど無理なので、3月上旬までには更新したいですね。ではまた。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/288-41f7767b
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。