裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

小さな生き物ツアー@大宮1日目 その2 MC編・後篇

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

スピッツの大宮公演初日の感想の続きです。MCについての後編になります。
セットリストネタバレはある曲を除いてはありません。その曲は、まあわかりますよね、みなさん。
記憶に基づくものなので、不正確で、かつ意味が通るように言葉を補っているところがあります。ご了承ください。

今回の私の席は2階後方ほぼ中央でした。遠くて見づらかったため視覚情報は少ないです。音はおおむね聞こえましたが、所々聞きとりにくい部分もありました。

そういえば服装の話をしてませんでした。マサムネさんが紫のシャツ、田村さんが白と濃い色のシャツ、テッちゃんが帽子かぶってた、崎ちゃんはグレーっぽいシャツのように見えたけどよくわからん、ということしか見れてません。ぶっちゃけ公式のツアーブログを見たほうがわかります。アンコールではテッちゃんがビッグTシャツだったこと以外はうろ覚え。崎ちゃんがピンクのSPZTシャツ、マサムネさんがブルーのグライダーTだったような気もするけど自信なし。田村さんに至ってはまったく覚えてません。遠くて、がんばって覚えようという気がなかったからでしょう。すいません。

アンコール1曲目と2曲目の間
いつもどおりのメンバー紹介です。
発言者は特に明記しない場合はメンバー紹介の対象の人です。それ以外の略称は草野マサムネ:マ、三輪テツヤ:テ、田村明浩:田、崎山龍男:崎、クジヒロコ:ク、です。

・田村
「羽生くんの話なんだけど」と話し始めようとしたものの、マサムネさんに「埼玉に羽生ってあるね」と話しかけられ「俺わかんないから話広げられない」と返してました。
その羽生選手のショートプログラムの曲がゲイリー・ムーアのパリの散歩道で、高校の時その曲が人気だったという話をして。その頃自分の家がたまり場になっていて「7・8人」「8人・10人」といつも集まっていたという話になり。その集まりは「健全な集まりで」「女っ気がなくて」「『たばこ吸う奴は死ね』ぐらいのもの」だったらしいです。そしたらマサムネさんが「死ねって健全じゃないよね」。田村さん、その言葉は無視していたような。
さらに「その集まりは日曜の5時・6時頃で」と田村さんが言うとマサムネさんが「サザエさんも見ないような」田「おニャン子も見ない」。
そんな日曜の夕方に田村さんたちは「パリの散歩道をかけるんだけど、すごくせつなくて。今思い出してもせつないんだよ、童貞感一杯で」なんだそうです(笑)。で「あの頃の俺に言いたい。今俺は、たくさんの女の人の前でプレイしてるよ」と、当時のせつなさがしのばれる発言をしていました。さらに会場に向かって「今ここにいる男はなんか昔の俺達みたいだ」とか言ってモテない男の仲間を増やそうとしていました(笑)。
そのあともマサムネさんかな「今こうやってプレイして…ってプレイってやらしいね、演奏して、か?」等、男にとっては笑えないせつない話をひきずった会話をしてました。
最後は田村さんが「今日は楽しかったです」と言って、いつものように袖に引っ込んで行きました。袖に引っ込んだ田村さんは今回の私の位置からは見えませんでした。

・クジ
今回のツアーではアコーディオンを使う曲もあるので、アコーディオンについての話から。
「アコーディオンは最初重くて。ギターやベースもこんななのか、大変だと思ったけど。でも今は慣れました」マ「キーポードも持てば?」ク「え、こんなふうに?(笑)(片手で持つふりしながら)」みたいなやりとりがあり。
さらに「パリの散歩道は田村の出囃子だね」という話から、「野球でバッターボックスに立つ時に鳴る曲があるけど、マサムネは(何の曲)?」と話を振ると、マサムネさん「実は甘ったれクリーチャーのイントロはそんなつもりで作ったんだよね」とのこと。思いがけない話を聞いて、面白いなあと思いました。甘ったれクリーチャー、私ゴースカでリクエストするくらい聴いてみたい好きな曲なので、いいこと聞いちゃったって気分になりました。
さらにクジさんが崎ちゃんに話を振ると、野球の話だからか嬉しそうにマイクを引き寄せて「昔のプロ野球ニュースの最後にかかる曲」と答えてました。マサムネさんはすぐに反応してその曲を口ずさんで、崎ちゃんも楽しそうに口ずさんでましたが、会場からはあまり反応がなかったようです。「わかる人しかわからないね」とマサムネさんとちょっと残念そうに言ってました。私はわかったんで、前のほうにいたら反応してあげられるのになあと思っちゃいました。(ちなみにググったところ、ジェームズ・ラストのVibrationsという曲だそうです。)
さらにクジさん、テッちゃんにも話を振ってましたが。他の二人と違って野球に興味ないはずなのにと思ったら案の定「なんにも考えてなかった」とテッちゃん。テ「野球わからないからさ」ク「でもプロレスとかあるでしょう」テ「じゃ俺はラ・ブームで」。会場の反応がとまどってる雰囲気だったらしく、ク「後で調べて。甘い曲だから」と言ってました。
たぶんソフィー・マルソーが主演した映画ラ・ブームの主題歌のことだと思います。テッちゃん、たしかソフィー・マルソーが好きだったってなにかで話してましたよね。それで名前が出てきたんでしょう。私もその場ではどんな曲かわからなかったけど、調べたら聞いたことがある曲でした(リチャード・サンダーソンのRealityという曲で邦題は「愛のファンタジー」)。野球の出囃子というには甘すぎる曲です(笑)。

・崎山
遠くてよく見えなかったのではっきりしないですが、昔から恒例のシンバルに頭ぶつけるのはやってなかったように見えました。たぶんツアー途中で新ネタにしようと言ってたという、首動かしてF1観戦の真似をしたような気がしたんですけど。でも正直どうだったか自信ないです。このときだけでもおもちゃみたいでもオペラグラスを使えばよかったかなあと後悔してます。
「横に並ばれたくないという話で思い出したんだけど、何回か話したことがあるけど」という感じで話し始めたのは、Mステで、三代目JSoulBrothersの中で一番背の高い(リーダーらしい)人が、威圧感なくて良い人だったという話。「けどやっぱり背が高いから。一緒に座って並ぶと向こうのほうが背が高かった」と言ってました。背の高い人の隣はやっぱり嫌みたいです。
マ「でもコブクロみたいな雰囲気になるならいいんじゃないの?」崎「でもおぶちさんだっけ」マ「こぶちさん」崎「意外に背が高いから。みんな意外と背が高くてね」マ「とんねるずの小さい人とかね」背が低そうに見えてもみんなスピッツのメンバーより背が高いらしいです。
そして「いろいろな人と一緒に仕事すると意外と背の高い人もいれば、同じぐらいの人もいる。そういう人と会うのは楽しいです。今日は今日で楽しかったけど」マ「今日は今日でって(笑)」最後とってつけたように今日の話にしてるのが律義だなと思いました。ふふふ。
崎ちゃん、話したいことが上手く言葉にできなくて途中あわあわしながらもしゃべってました。で、崎ちゃんが話したいであろうことをマサムネさんが所々要約を入れてフォローしていました。

・三輪
羽生くんで連想する話ということで。「昔ハギュウダ(萩生田?)という同級生がいて、そいつを思い出す。あだなはナイル」。目尻の横、サングラスの上辺りを指しつつ「ここの血管が目立つから」らしいです。その萩生田さんは「すごく真面目で」「生活委員やっていて」「遅刻を阻止する役目」だったらしいです(笑)。「真面目で怒ると怖くて、よく怒られた」。怒るたびにその血管が川のように浮かぶらしくて、それを見て「ナイル川決壊!」とか言ってたそうな(笑)。オチは「同じオリンピックを見ていても、人それぞれいろんな見方があるんだよ」なんだそうです(笑)。
その話の流れで、フィギュアでスピッツの曲とか流れるかも?みたいなことを言った後で「あっ、でもフィギュアは歌使えないんだよね」と思い出したように言うと、クジさんが「いや入っているのもあるよ」と反論して。会場を見渡してテッちゃんが「どっちが正しいの?」と質問するも会場からは反応がなかったみたいです。
一応調べたところ正解は、男女シングルとペアは試合ではNGでエキシビションはOK、アイスダンスのみ試合でもOKだそうです。ちなみに来シーズンからは男女シングルとペアでも試合で歌ありの曲が使えるようになるんだそうです。銀盤の上でスピッツの曲が流れる日が来るかもですね。
それから高校の頃の田村さん家の集まりには当然テッちゃんもいたという話。ある時テッちゃんが気付かれないようにそうっと足音を忍ばせて、いきなり部屋の戸を開けたら、窓閉め切って真っ暗な中で田村さん一人でジミヘンを聴いていたそうな。その時の田村さんは「これが良いんだよ」と言ったんだとか。

・草野
「大宮だから大宮サンセットをやりました。大宮じゃないとやれないから、また大宮に来ます」とのこと。ほんと、何回でも来てくださいな。待ってます。
「さいたまスーパーアリーナでもやったけど、正確には浦和だから…」と言いかけてたら「与野!」と会場から声掛かってました。旧与野市民だったら見過ごせない間違いでしょうね。それで「与野だから」と言い直して、やっぱり大宮でやらないと、みたいなことを言ってました。
(まあでも、さいアリで大宮サンセットやってもいいと思うんですけどね、私は。前に電車でどこかの誰かが「さいたま新都心っていうけどさあ、新都心って言うより南大宮だよねー」って言ってたし。大宮の由来である氷川神社の参道はさいたま新都心から始まって、一の鳥居もあるし。さいたま新都心の西側は旧与野の中央区だけど、東側は旧大宮の大宮区だから。ただ今年のアリーナツアーは武道館だから、またさいアリでやるときに検討してください)
そして「じじいになっても、じいさんになっても、ここで大宮サンセットやります」と言ってくれました。私は大宮出身というわけではないですが埼玉県に住んでいるので、その言葉は嬉しかったです。
最後の締めは「あと少しだけお付き合いください」でした。

MCのレポ&感想は以上です。ほんとうはライブの翌日に載せたかったんですけど、結局一週間経ってしまいました。
セットリストネタバレありの感想はまた後日ですね。2月中に書くのが理想ですが、一応3月上旬を目標にします。ではまた。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/286-8d9b66b1
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。