裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

K.O.G.A. COVER NIGHT 2013 part1感想後編

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

昨年末下北沢CLUB Queで行なわれたK.O.G.A. COVER NIGHT 2013の1日目、感想後編です。
こオリの世界以外のバンドの感想になります。
ところで更新目標にしていた1月は終わってしまいましたね…。遅くなってすみません。
スピッツネタはないのですが、気になる方はどうぞ。

前篇でも書きましたが、この日の司会に古閑さんはいませんでした。ステージに二位さんとヤマダススムさんが出て来た時は顔覚えの悪い私でも、あれ?と思いました。ヤマダさんは"ハゲ"ザイルだけに坊主頭なので、顔を覚えてなくても違いがわかったわけです。
KEYTALK関連で忙しく28・29日はいないという説明のとき「あの四角い顔が見えないので」みたいなことを言ってました。後になってビデオに映ったので確認できましたが、たしかに古閑さんの顔は四角かったですね(笑)。
それからヤマダさんは、ちょっとここへ来たらスタッフとして出させられた、(前回は出演者だったが)今回はスタッフ枠です、などと言ってました。

感想は出演順です。出演者の名前は自分で確認したわけではなくサイトのコピペなので、不適切な表記だったらすみません。
それから今回は年末に色々あり予習する時間がまったくなかったので、なんにもわからないまま参加しました。音楽知識がほとんどない人間なので、ほんとうになにもわからず曲名等非常にあやふやなことしか書けません。そして知らない言葉を覚えるのってなかなか難しくて、前回よりレポ&感想も少ないです。これまたすみません。

◆The Jum(The Jam cover)
鈴木淳(B)、ハタユウスケ(Vo, G / cruyff in the bedroom)、
クスベシンヤ(Dr / ex. Radio Caroline)、成瀬篤志(Key / カミナリグモ)

◇前振り&映像
動画は本物のThe Jamの映像でしたが、何の曲かはわかりません。
ハタさんのことを「浪速のポール・ウェラー」と呼んでました。大阪の人なんですね。それからカバーバンド名はみんな「ザ・ジュン」と言ってて、元ネタのバンド名の発音より鈴木淳さんの名前にかけてるのが優先なのねって思いました。

◇セットリスト
予習してなかったため不明です。4曲くらいやってました。
後日youtubeで確認しましたが、In the CityとArt Schoolはあったような気がします。あともう一つテンポがゆっくりめのものがありました。

◇本編
1曲目が終わったあと、鈴木さんが続けて演奏しようとして、ハタさんが「ちょっと待って!」と止めてました。後ろ向いてギターいじくってチューニング?してたのかな、なんか一息ついてました。やっぱり大変みたいですね。このやりとり、2曲目のあとも、もう一回やってました(笑)。
ハタさんが、自分たちは「前座なんで」と言ってました。でもぜんぜん前座の雰囲気はなくて本格的で、かっこよかったです。予習しておけばもっと曲がわかって面白かったんだろうなあと後悔してます。
最初は鈴木さん、ハタさん、クスベさんの三人でしたが、3曲目くらいに「本家にはいないけれど」といいつつキーボードの成瀬さんを呼んで加えていました。
最後ステージからはけるとき、「浪速のポール・ウェラーとザ・ジュンでした!」と言って締めてました。

  *  *  *  *  *  *

たしかThe Jumのあとに、古閑さんのメッセージビデオが流れました。28日・29日は出れないという話のあとで、「28日は新木場にいます、いや大阪だったかな」などと予定もよく覚えてない物言いでした。
このビデオの流れで、このイベントの他の日の話になって、年末チェッカーズの話題も出ました、たしか。そして二位さんが初めて生でみたバンドがアマチュア時代のチェッカーズだったという話もしてました。…去年も聞いたなその話、とそのときちょっと思いました(笑)。

◆イチローな66ロケッツ(SHEENA&THE ROKKETS cover)
ロッキンイチロー(B)、ナカジマノブ(Dr / ドミンゴス、人間椅子)、坂巻晋(B, THE VANILLA)、二位徳裕

◇前振り&映像
動画はピンナップベイビーブルースがかかってました。前振りMCはこれと言った言葉は覚えてません。

◇セットリスト
シーナ&ロケッツの曲ではレモンティーとSUSIE Qをやってたような気がします。あとローリングストーンズのサティスファクションもやってたような気がします。"気がします"ばっかりで申し訳ないです。

◇本編
初めの1曲目はイチローさん抜きで演奏していて、二位さんがボーカルで歌ってました。ちなみに二位さんは歌はこの1曲だけでしたが2曲目以降もギターを弾いてました。ライブハウスの関係者は楽器も一通り弾けるんだなあと思ったです。
何の曲を演奏したかはわかりません。汚い物の言葉も出てくるインパクトがあるはずの歌詞だったのに、「60~70年代のアングラものにありそうだ」と思ったせいなのかまったく覚えていません(泣)。我ながら情けない記憶力です…。
2曲目からイチローさんが登場しました。シーナならぬイチローナ、だそうです。そのときの格好が、説明が面倒なので、
http://www.youtube.com/watch?v=fhuGM5MuYY0 (youtubeなんで音出ます、注意)
このときのシーナさんの格好と似たような感じでした。この露出度高めの服を着て男性が女装したわけで…なかなかすごい扮装でした。
髪の毛はカツラなんですが髪質がごわごわしてそうで黒髪の山姥のようで。二の腕はイチローさんご本人のタトゥーで一杯で最初びっくりしましたが、まあそれはそういうものなんだろなでいいんですけど。でも、お腹が出てるってほどじゃないけど微妙にたるみぎみで、そこがすごく気になっちゃって気になっちゃって。なぜこの服選んだし、とツッコミ入れたくなるような格好でした。ほんとうにすごかったです(笑)。
もちろん演奏はちゃんとしてたし、イチローさんの歌も高めの声が出ていてよかったはずなのに、演奏と歌より見た目の印象が強すぎて、もはや最凶のネタバンドにしか見えないって感じでございました(笑)。
二位さんが合間のMCで、CLUB Queのサイトでシーナ&ロケッツのインタビューを載せていて、メールのやりとりもしていたけど先方のレスが遅くなってきている、こんなの(イチローナさんのこと)を出してたら、そりゃそうなるよな、的なことを言ってましたね。そのぐらいすごい格好だったわけです。

  *  *  *  *  *  *

このあとも司会の二位さんとヤマダさん「すごいもの見ちゃいましたね」ともっぱらイチローナさんの格好の話をしてました。そして、このあとに出演するSILVER ROPESのターシさんとイチローナさんがツーショットで写真取ってたという話をしてて。ロン毛ヅラの男2人のツーショットは想像するだけでものすごい絵面だったろうと思われます(笑)。
さらにイチローナさんのネタ度が高すぎて「リズム隊の無駄遣い」とまで言われてました。「ナカジマノブはレインボーのボーカルたちが来日のときのライブやオズフェストにも出演するぐらいなのに」とか、「坂巻さんはイチローナを苦虫をかみつぶしたような顔で見ていて、絡むのもいやがってた」とか、さんざんな言われようでした。

◆SILVER ROPES(Guns N' Roses cover)
ターシ(Vo, G / LONESOME DOVE WOODROWS)、カタル(B / ニューロティカ)、ツカザキ(G, Vo / LONESOME DOVE WOODROWS)、リョウ(G / ニューロティカ)、マサオ(Dr / FARMSTAY)、ケイ伯爵

◇前振り&映像
動画は1988年のニューヨーク・リッツ公演の映像だそうです。
イチローナさんとのツーショット話のあと、「でもターシはぜんぜん良いよ。今のアクセルよりも(昔の)アクセルらしいから」などと語ってました。たしかに今のアクセル・ローズを見たら歳月って残酷ねって思うぐらいの変わりようなんで、その言葉には納得です。毎年このカバーバンドをやってるけど年々良くなっている、とも話してました。
そして動画を映したときヤマダさんだったかな「リッツのですね~」と言ってて、その口ぶりで、音楽についてなにも知らない私でも相当有名な公演&映像だとわかりました。
それから客に向かって「去年も(SILVER ROPESを)見たことある人」と聞いたので、私も手を挙げました。ささいなことですけど、去年も参加してて良かったなと思いましたね。

◇セットリスト
Nightrain
Sweet Child o' Mine
Welcome To The Jungle
Paradise City
このセットリストは大久保敬さんがツイッターでつぶやいていたので間違いないと思います。

◇本編
このときは前回の予習が使えたのでけっこう楽しめました。MCがとても面白かったんですがだいぶ忘れちゃいましたね。MCの大半はターシさんが話して、カタルさんが受ける、みたいな感じでした。覚えているのを順不同に。
・アクセルのタトゥーはネットにあるのを参考にしているけど適当に描いてる、とのこと。
・最初のうち、カタルさんはなにかっちゃ「アクセルぅ~」とターシさんに呼びかけてました。
・カタルさんは、今回カツラを新調したので前より再現度高くなってる、ということをニコニコしながら語ってました。
・ドラムの人は去年は出なかったので2年ぶりとのこと。カツラは新調したけど、実は前のが見つからなかったから。見た目の再現度はあまり高くない。でも去年はドラムの性別が違ってたし、まだ今年のほうがまし、などと語ってました。
・リョウさんはカツラが大きくなってて付けたままだとギターを外せない、外しにくい、らしいです。
・前振りの話を受けてだったと思うけど、「最近は(このカバーバンドが)良くなってきていると思う」とターシさんが言ってました。
・カタルさんは本家のガンズ・アンド・ローゼズのことはほんとによくわからずやってるとのこと。リッツ公演の動画も、他のメンバーと違って彼だけ大した反応もなく見てたそう。「ダフは今辞めちゃってるんで」とターシさんが言ったら、本人はダフ役なのに「へえー、そうなんですかー」と返したので、ターシさんが横でがっくりしてました。
・リョウさんについて、このカバーバンドやっていたらそのあと実際のバンド(ニューロティカ)にも入っちゃったという話をしたあと、ツカザキさんに向かって「他人事みたいな顔して自分もそうじゃん」と言ってました。
・メンバー紹介でカタルさんがターシさんを紹介するとき、バンド名の「ロンサムダブウッドロウズ」が言えなくてごにょごにょとごまかしたあげく「なんか長いの」と言ったものだから、ターシさんに怒られてました。
・たしかWelcome To The Jungleのときだったと思うけど、ターシさんのロン毛がカタルさんのペースにからまっちゃって、しばらく大変なことになってました。
・Paradise Cityでケイ伯爵(大久保敬さん)が登場。Tシャツ着たちゃらちゃらした女の子みたいな格好だったんで「グルーピーみたい」と言われてました。そのあと誰かと抱き合ってましたけど誰だったかな。Tシャツには四文字言葉がプリントされてたみたいなんだけど見えなかったので何と書いてあったのかはわかりません。
MCはこんな感じかな。全体通してMCは楽しかったし演奏もかっこよかったし、すごく良かったです。

  *  *  *  *  *  *

そして前篇で話したこオリの世界の番になったわけです。当日の流れを味わう場合は前篇後編を逆にして読んでくださいまし。

あとおまけで、どのバンドの人が語ったのか忘れた話。ポール・マッカートニーが来日公演のときに水を飲まなかったって言う話をして、でも自分は水が飲みたいと言いつつ水飲んでました。

そして最後はイベント全体の感想です。
音楽はとても素晴らしかったしMCもとても面白かったんですけど、なにせ予習してなかったんで充分に楽しめなかったところもありました。特にThe Jumは予習なしで失敗でしたね。最低限の情報があったらもっと楽しかっただろうなと思います。それを除けばすごく楽しかったです。自分が知らない、積極的に聴いたことのない音楽をいろいろ体験できてとても良かったです。

以上です。これで宿題を済ませたすっきりした心地で大宮公演に参加できます(苦笑)。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/283-84830019
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。