裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

DVD放浪隼純情双六の感想

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

買ったばかりの放浪隼純情双六、初視聴の記憶が残っているうちに感想を書いておきます。
また長くなるので追記に入れます。

まずは一言。とってもとってもよかったです。今まで見れなかったことがとても悔しく、これからはいつでも好きな時に見れるようになったことがとても嬉しい、そんな気持ちです。

そして思ったのは、みんな若いなあ、ですね。当たり前だけど。
中でも印象が強いのはマサムネさんですかね。なんか自信たっぷりで、見ててちょっとむかつく(笑)。目を見開くときの表情が特に小面憎い感じ。どっちかっつーと今の雰囲気のほうが好きですが、この頃のほうがロックバンドのボーカルっぽいですね。
崎ちゃんは長髪の頃なんで今と雰囲気は違うけど、やっぱり笑顔は変わらず素敵。でも今よりは演奏に没入してる感じで、ひたむきっていうか、余裕なさそうな感じがします。今は余裕があるというか全体を見守ってる感があるけれど、このころはまだ自分のことで手一杯な感じというか。若さが見えてそこがまたいいですね。
田村さんは(多少髪型の変遷はあるものの)ある意味一番変わらないですね、雰囲気も動きも(笑)。今と変わらないのが見ていてとても安心感があります。相変わらずうろうろしてるな~、よく飛んでるな~と思いながら見てました。
テッちゃんは、さまざまな髪型がロックバンドのメンバーっぽいな、変遷が面白いなと思って見ておりました。それに弾いているときの自信たっぷりな雰囲気がマサムネさんの次くらいに今との差を感じます。今は自信を見せつける時期を通り越して職人気質のままに黙々と弾いてるように感じるんで。あとは単なる個人的好みなんですがテツヤ氏の腕が好きなので、二の腕まで見える格好してるのがなんかいいですね。

双六編について
どの曲もいいけど特に僕の天使マリがいいですね。すごく盛り上がってて楽しそうです。この曲自体は可もなく不可もなく普通、という印象でしたが、この映像だとすごくいい曲だと思いました。
青い車はなんか勢いがあって、元々の印象の爽やかさがなく力強かったです。すごくでかい青い車が突進してきてる感じですね~。
海を見に行こうは、崎ちゃんがシェイカーだっけ、シャカシャカ振ってるところがかわいいな~って思って眺めておりました。
ハネモノは演奏はいいんですが、今のマサムネさんの声でききたいなと思いました。このころの雰囲気だとちょっと生々しくて微妙な気分になります。
逆にこのころのマサムネさんの声のほうがいいと思った曲があったんですけどなんだったか忘れました。僕の天使マリかメモリーズ・カスタムだったかな…。
メモリーズ・カスタムは演奏はとてもいいけれど、できたら…できたら…も、もうちょっと崎ちゃんを映してほしかったかな…なんて思ったり。私は崎山さんファンなんで贅沢なお願いだとは思いますが。
ガーベラはやっぱりほんとにいいですね。映像見れてとっても嬉しいです。それにしてもなんでとげまるのDVDからガーベラ外したんでしょう。見たかったのに~、バーカ、と収録曲決めた奴に文句言いたい気分がまた盛り上がってしまいました。
けもの道、出だしの迫力は思い出補正だけど三郷のがいちばんすごかった印象なんですが、映像で何回も見れるというのはありがたいものだとしみじみ思います。
そして夜を駆けるはすばらしい! これがなかったら私は今スピッツファンじゃなかったですよ…。そしてこのブログも書いてないです。この映像を正式に手に入れることができて非常に感慨深いです。
というふうに全体的にはとてもいいものなんですが、あえて文句をつけるとすると、2回の公演を曲単位でつぎはぎにして編集構成しているところですかね。服装で違う公演なんだなとすぐわかりそのたびにちょっと醒めます。あとセットリストの順番も実際と違うところがあるようです。ささいなところなんでしょうけどやっぱり違和感ありますね。

放浪隼純情編について
曲の映像はとてもいいし、オフショットもまあ面白いんですけど、う~ん、なぜ混ぜて編集したんでしょう。ライブ映像はライブ映像、オフショットはオフショットでまとめてわけてほしかったな~。あるいはオフショットはなしで他の曲を入れるとか。オフショットはそれこそ販売当初から初回限定版とやらにして特典映像とかにしてもらったほうがよかったんじゃないかしら。まああるから楽しく見ましたが、ライブ映像集とすると蛇足にも感じました。
それに隼から5曲、純情から1曲、放浪から2曲、しかなくて「スピッツ・ライヴの集大成!」と帯に書かれても、特に放浪・純情はおまけのようでなんだかなあという気分です。「厳選」と言われても、いや、厳選しなくていいから丸ごとくださいと言いたい気分でした。
とまず文句を言ってしまいましたが、構成が残念なだけで映像そのものはよかったと思います。
オフショットもライブ映像の合間が気にいらないだけで、面白かったです。崎ちゃんが開演前の注意事項を読みあげるところ、その棒読みぶりがとてもかわいかったです。今はこういうのやらないんでしょうか。メンバーがやってくれたら嬉しいなあと思いました。
それから個別の曲の感想。ウサギのバイクすごくよかったです。ほんとに可愛げのある歌で素敵でした。
それからホタル。映像込みで聴くと歌詞の凄さが余計に伝わります。
スカーレット、CDだとおとなしい曲に感じますが、ライブだと意外に激しい演奏なんですね。ちょっと驚きでした。
いろは、全体的にハードな曲ですね。すごくかっこいいんですが、少し怖いです。怖いというと少し違う気もしますが、ふにゃふにゃした気持ちでは聴けないと言うか、そんな感じ。スピッツについてなにも知らないままに見てたら衝撃受けてたと思います。

全体について
何度も言っちゃいますが買ってよかったなと思います。スピッツの過去のライブの様子を見ることができて最近のファンとしてはこんなにありがたいことはありません。実際にはもう見ることができないものですからね。再販してもらえてほんとうに感謝です。
でもライブ映像としては素晴らしいけど、こんなに素晴らしいのだから、さざなみOTRみたいに1公演丸ごと見れたらな~と思ってしまいます。断片まとめて集大成とか言わんといて~って気分です。それだけが残念ですね。

感想は以上です。細かいことを書いていたらいつまでもUPできないので、こんなところで。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/275-3a5cfd92
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。