裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

小さな生き物ツアー@宇都宮 その4 ネタバレあり後篇

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

11月7日に行ったスピッツの宇都宮公演のレポ&感想その4です。
セットリストネタバレありの後編ですね。
例によって無駄に長くてまとまりのない感想ですが、よろしかったらご覧ください。

続きは追記にて。でもスマホから見てる方は、今使ってるスマホのテンプレだと追記ボタンはないのでそのままスクロールしちゃってください。

ネタバレありなので間をあけます。

 ↓

 ↓

今回の席は2階席前半分、ステージに向かって右側でした。

 ↓

 ↓

それから会場の音響について。演奏も歌もMCも音量はちゃんと出ていて聴きとれないということはなかったのですが、全体的に音が大きくなるとハウリング起こして聴きづらいときがありました。

 ↓

 ↓

では、この下から感想です。

 ↓

 ↓

 ↓

13.りありてぃ
この曲になったときは会場全体が一気に盛り上がってました。予想通りというところですね。私もこの曲では飛び跳ねすぎて、歌詞をちゃんと聴いてなかったです。楽しかったという感想以外記憶に残ってません…。でも照明は赤や白が激しく切り替わるような感じだったと思います。

MC4
ここのMCはオリコンネタの話でしたが、その前振りが「次やる曲がスピッツの曲で初めてオリコンチャートにランクインした曲で、」でした。次の曲が君が思い出になる前にだからこう言ったわけですね。
そしてエグザイル話のときに歌ったのが、最近オリコン入りしたEXILE PRIDEではなくChoo Choo TRAINだった言い訳は、「さっきのエンドロールがディスコビートだったので」と言って、
こんなポーズ↓*をとり、
    pose01.jpg
「その感覚が残っていてこの歌を歌いたくなった」とのことでした。
*私らの年代だとサタデーナイトフィーバーとかジョン・トラボルタと言えばあとは説明不要なんですけど、その単語なしでの説明は難しいので画像を貼ってみました。

14.君が思い出になる前に
ファンになる前はこれがスピッツの曲とも知らず「男なのにちょっと気持ち悪い声の暗い歌」以上の感想がなかったのに…。まさか生で聴けて喜ぶようになるとはねぇ。なんとも感無量でございます。でもほんと、生で聴くと良い歌だなあと思います。なんて現金なという批判は甘んじて受けます(笑)。
照明は全体的に青っぽく、たしか天井に青の中に赤や黄色等他の色が混ざって波型になっている不思議な模様が浮かぶときもありました。ステージにも花みたいな模様が映っていたような気もします。どこか不思議な雰囲気の照明で、曲調と合ってました。

15.Y
今回セットリストを見ないようにしていましたが、この曲だけうっかりネタバレを見てしまいました。そのため驚きはなかったのですが、それでも非常に感動しました。静かな言葉が胸に響いてくるような、そんな気分になりましたね。照明は紫に少し緑を混ぜたような感じだったと思います。照明のほの暗さが曲の静かな雰囲気に合っていてとてもよかったです。あとこの曲で崎ちゃんがドラムをそっと叩いてたところも曲の雰囲気と合ってました。

16.未来コオロギ
この曲はイントロから心奪われますね。聴けば聴くほど好きになってる曲なんですが、今回生で聴いてさらに好き度が増しました。この曲の歌詞は好きな部分が多いんですけど、それを生で聴くとさらに感動するし胸に沁み込んでいくような気がします。
照明は全体は赤でところどころに白いスポットが浮かぶような感じでした。グライダーの羽部分に赤のライトと白のライトがそれぞれ弧を描くように点っていて、歌詞の「丸や四角や名もない形も」の部分をなんとなく連想しました。

(MC5?・曲名ネタバレはなし)

17.僕はきっと旅に出る
ここらへんが一番記憶に残ってないです。よかったという記憶はあるけど、それしかないという…。この辺りでちょっとへばったせいですかね…。照明が青っぽくて白い照明もあったような気がしますが自信はありません。すいません。

(MC5?・曲名ネタバレはなし)

18.野生のポルカ
この曲も曲調のせいか初めから盛り上がってました。サビの部分では腕を振り上げるのではなく振りまわしてた人が多かったですね。周囲や1階席の人たちがそうしているので私も真似しました。そして最後のフレーズを歌っていた人は多かったです。わりと歌声が会場に響いていたので、ノリの悪い私も少し遅れて歌う気になったほどです。照明は白っぽくて少しもやがかかっているようでした。
それからこの曲のときはもっぱら田村さんを見てました。ぴょんぴょん飛び跳ねててほんとに動きが面白いなーと思って(笑)。事前に前の会場でふなっしー話をしていたという情報が頭に残ってたので、ほんとに似てるなーとも思いましたね(笑)。(宇都宮でふなっしー話が出たかどうかは覚えていません、すいません)
それからそうだ「武蔵野の空を」はそのまま武蔵野と歌ってました。栃木は下野(しもつけ)なんだけどここでは変えないんだなと思いました。

19.8823
前の曲が終わって間をあけずにすぐに始まったせいで、引き続き盛り上がってました。暗めの照明だったと思うけどよく覚えてないですね。とても盛り上がって気分がすごくあがったことだけはよく覚えてます。

そういえば8823はよくやる曲なんで飽きたという声もネットで見かけますが、スピッツはメンバーが客を煽ることをあまりやらないから、盛り上がり所を知らせるわかりやすい合図としての定番曲を外すことはないんじゃないかなと思います。

20.エスカルゴ
この曲はとげまるツアーの三郷での印象が強くて、若い女の子が元気よく飛び跳ねる歌というイメージになってます。今回も前方に若い女の子がいてすごく楽しそうにしていて、それを見てるとなおさら楽しい気分になりました。元気になれますね。

たぶん8823のときだろうけどこの辺の曲のどこかで、田村さんがステージ向かって左の花道に出てきて、向かって右側の観客にも手を振ってくれました。私の周囲の人で気がついた人は私含めてみんな手を振り返していましたね。またマサムネさんもテッちゃんもこの辺りの曲で演奏中にステージの前のほうに出てきてくれていたと思います。

21.運命の人
この曲すっかりお気に入りの曲になってしまったようですね。ライブでやらないという話はなんだったのかという感じです。まあでも好きな曲ではあるので、やってくれるのはありがたいです。
茶色っぽい照明の中、例によって初めはマサムネさん以外暇そうでした。テッちゃんに至っては完全に後ろ向いているときもありましたね。マサムネさんががんばって歌って弾いているのに、私は暇そうな他のメンバーを見ていたので、申し訳ない気持ちに今なってます。
それからここでも崎ちゃんのコーラスを見て聴くことができて感動しました。

アンコール待ちは前も書いたとおり、拍手しないで座ってました。アンコールする元気がどうにも出なくて。でもここで休憩したからアンコール3曲は少し回復して聴くことができました。

あと何の曲かは覚えてないんですが、マサムネさん、歌の出だしを間違えてたことがあったかも。初めの単語がよく聴こえないということがあったような気がします。

EN1.スパイダー
この曲は大好きな曲なので何回聞いても楽しいです。ワイパーも嬉々としてやっとりました(苦笑)。照明は黄色っぽかったと思います。
しかしワイパーやるときは周りの人に合わせることに気をとられてしまいます。楽しいんだけど次回はやめようか考え中です。

(MC6・メンバー紹介・曲名ネタバレなし)

EN2.チェリー
またチェリー聞いちゃった~と思ったけれど、まあしかたないですよね、スピッツ屈指の名曲ですからね。
ただ、アンコールのMCも終わってもうすぐライブが終わるかと思うと淋しくて、妙に物悲しい気分でした。チェリー自体も別れの歌ですし。物悲しい気分だけがいやに印象に残っていて、他の記憶が薄いです。すいません…。

EN3.君は太陽
これが最後?と少しびっくりしました。とげまるツアーじゃないのにまたこれが聴けるとは、と意外でしたね。でもこの歌でさっきまでの物悲しい気分がふっとんだので嬉しかったです。また前回は歌詞飛ばしがありましたが、今回はなくて安心しました(笑)。最後に「大丈夫そうなんで」と歌ってもらえて、明るい気分でライブを聴き終えることができました。照明も明るめで、爽やかに明るい雰囲気を後押ししてました。この曲でも崎ちゃんのコーラスがあって、それが見れたことが私の楽しい気分に上乗せしてるような気がします。この曲で締めてくれて、スピッツの皆さま、ありがとうございました。
そういえばこの曲でもワイパーやっている人が多かったですが、私はスパイダーで書いた理由でしませんでした。

これで曲ごとの感想はおしまい。あとは全体の感想です。
今回もとても楽しいライブでした。いつもは初めのうちは周りの様子をうかがいつつ見聴きしていることが多いんですが、今回は初めからすごくはじけることができて、ずっと気分が盛り上がった状態で見ることができました。日帰りで遠いところへ頑張って行った甲斐があったなと思いましたね。
そしてMC感想のときも書きましたが宇都宮に行ってほんとーによかったなあと思います。崎山さんがメンバーの中で一番好きなので、他のところとは少し違うものが見れて幸せでした。前橋より宇都宮のほうが休みやすい日程だったからですが、結果的にはそれで正解でしたね。
もちろん演奏は素晴らしいですが、照明もとても綺麗でした。すごく凝ったことはしてないけど曲ごとに合った雰囲気を作り出していてよかったです。蛍光管というかネオン管というか棒状のライトでできた生き物たちも可愛かったし。面白いステージのセットだと思いました。

初日からあまり日が経ってない公演が取れたので、今回はセットリストのネタバレを見ないようにしましたが、それもなかなか良い経験でした。ネタバレ回避してよかったです。新鮮な気持ちで聴けていいですね。
ただ1曲だけ、とあるところで見てしまったのは失敗したなーと思いましたが、まあ不用意にネットを見ていた私が悪いのでしかたありません。私としてはネタバレ回避ゲームをしているつもりでいて、うっかり見ちゃったらゲームに負けたんだと思うようにしています。

こうして良いところだらけのライブでしたが、少しだけ不満もあります。スワンがない~、スワンがない~、ステージのセットには白鳥があるのに~、出る出る詐欺だ~!と思いました…。アルバムの中で一番好きなので聴きたかったなあ。
他はに遠吠えシャッフルとscat(とエスペランサ)がないですが、今後セットリストが変わって入ってくるのかしら。期待してもいいんでしょうか…。大幅に変わらないとなると、アリーナツアーってものを期待したくなるんですけど、それもあるかどうかわからないですからね。でも、やっぱりスワンは聴きたかった…。ほんとに聴きたいです。

こういう不満が出るのはいい曲が多すぎるからですね。それ以外はなんの文句はありません。ほんとに楽しかったです。

以上セットリストネタバレありの感想でした。残りはライブ前後の話とグッズ話ですね。来週末更新予定です。ではまた。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/270-31689d6e
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。