裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

横浜サンセット2013感想その3

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

横浜サンセット2013に行ってきた感想その3でございます。
ライブ中の様子や曲の感想を時系列に語っていきます。
MCの記憶はあやふやなので、便宜的にそれらしく言葉をつなげており、また他人の感想で一部補っているものもあります。
感想は無駄に長いので、以下は追記となります。

(※MCの発言者の略称は、草野マサムネ:マ、三輪テツヤ:テ、田村明浩:田、崎山龍男:崎、クジヒロコ:ク、で表示します)

私がいた場所は、Aブロックの半分より前方、ステージ向かって左、田村さん側の大きいモニターの前の海側近くでした。

前回の続きを書く前にまず月に帰るで思いだしたこと。
曲の間もモニターに月が映っているときがありましたが、途中で黒い煙のような雲がかかって隠れそうになりました。月に帰るのに月が見えなくなったらどうしようと気になってましたが、曲の終盤までに雲が晴れて再び綺麗な月が見えたので、無事に月に帰れそうだとちょっとほっとしました。

というわけで、ここから続きです。

MC5
マ「このあとまた、少しずつ、熱くなっていくので」→会場から歓声→あわてて手で辺りを押さえるようなしぐさをして「いや、まって、徐々にだからね」。しぐさ付きだったのが印象に残ってます。
それから、少し首をかしげつつ、マ「みなさん、準備はよろしくて?」。これを聞いたときはオネエかよ(笑)とちょっと笑ってしまいました。
このあともう少し強めの言い方に直しましたが、なんだったかな「準備はいいか?」だったかな。言い回しは失念しました、すいません。
そしてその後「スピッツについてこーい」。いつもどおり照れて自信なさげに言ったせいか、アクセントがちょっと変でした(笑)。相変わらず弱気な煽りで、マサムネさんらしいです。

16.渚
イントロを聞いた瞬間「ああっ、渚だっ」とわかって、一気に興奮状態というか昇天したというか、あまりの嬉しさにわけがわからなくなりました。
メジャーな曲なので、いつかはライブで聴けるだろうと思ってたし、ひょっとしたら今日やってくれるかなー、やってくれたら嬉しいなーと思っていたけど、実際に曲が始まったらもう舞い上がっちゃって、一部記憶が飛んだくらいです。照明は青っぽかったような気がしますが自信はないです。
曲の間はひたすら﨑山さんを見ていました。ただただかっこよかったです。それしか言えません。
歌が終わったあと、アウトロが長く続いてて、こんなに長く聴けて嬉しいと思う一方で、もうすぐ終わっちゃう、まだ終わらないでとも思ってました。
直後の記事でも書きましたが、夜の海のそばで、爽やかな海風を感じながら渚を聴けて幸せとしか言いようがないです。しかも初聴きでこのシチュエーションですから、最高の思い出ですね。今回生で聴くことができて、改めて渚は名曲だと思いました。

17.恋する凡人
渚で興奮したあとだったので、なんとなく冷静に聴けました。いや、のれて楽しかったし、すごく気持ちは上がったけど、今までのライブよりは冷静で、歌詞をちゃんと聴けました。「鏡に映る妙な男 リセットボタン使わず」をちゃんと味わえて聴けたのはよかったです。

18.8823
いつもこの曲はAメロではうまくのれないのですが、今回はわりと気分良くのれた気がします。飛んだり跳ねたり楽しかったです。ただ私のリズム感じゃ、傍から見てると曲に合ってないと突っ込まれる代物なので、私の動きが視界に入った人ごめんなさいという気分です。

19.メモリーズ・カスタム
私はこの曲好きなので、盛り上げの曲の最後がこの曲だったのはとても嬉しかったです。一番遠慮せずに手を振り上げていたのはこの曲のときですね。すごく楽しかったという記憶ばかりでステージや周りの記憶があんまり残ってないのがちょっと残念です。

MC6
マサムネさんが「明日三浦海岸で皆さん一人一人と語り合いたいくらいなんだけど」、次の曲で最後、みたいなことをここで言っていたと思います。それでうまく次の曲とつながっていたような気がするので。

それで、えっ、と思って時計を見たら7時ぐらいで。もう終わっちゃうの?と驚いてしまいました。横浜サンセットの公式サイトに8時頃に終わるというようなことを書いていたから、本編終了は7時半ごろかと思っていたので、早いなあと。結局アンコール終了は7時35分ごろだったと思います。観客退場含めての8時頃という意味だったのかなと思いましたね。

20.海を見に行こう
この曲はさほど好きというわけじゃないんですが、使われてるチェンバロっぽい音が好きなので、それをライブで聴けたのはとっても嬉しかったです。ゆったりめの曲調を聴いていたら、もうすぐ終わってしまう、もっといっぱいいろいろ聴きたかったのに、と思って、すごくせつなくなりました。本編の締めの曲としてはいい選曲だなと思いました。

アンコールまでの間、私はのんびり待っていました。アンコールの拍手も手が痛くなるので叩かず、ぼや~っと突っ立って待ってた感じです。どうせまた出てくるよねー、みたいな気分でした。

アンコールで出てきたときの服装は、マサムネさんとテッちゃんは変わってました。マサムネさんが濃紺のチェックのシャツで、テッちゃんはちがうTシャツで。田村さんと崎ちゃんは前と同じだったと思います。

en1.ヒバリのこころ
この曲もさほど好きというわけじゃなく、しかも今まで何回か聴いてるので新鮮味はなかったんですけど、なんとなく安心して聴けますね。昔のスピッツがわかるような気がする歌です。毎回毎回思うのだけど「魔力の香りがする緑の歌声」ってあんたのことじゃん、とマサムネさんに言いたい気分になります。この曲もたしかアウトロ長めにひっぱって演奏してたような気がします。

一旦ここで切って次の記事に行きます。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/248-a97f5c62
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。