裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

横浜サンセット2013感想その2

Posted by こけごろも on   2 comments   0 trackback

横浜サンセット2013に行ってきた感想その2です。
ライブ中の様子を時系列に語る続きです。
MCの記憶はとてもあやふやで、他人の感想で一部補っているものもあります。

以下は長いため追記です。

(※MCの発言者の略称は、草野マサムネ:マ、三輪テツヤ:テ、田村明浩:田、崎山龍男:崎、クジヒロコ:ク、で表示します)

私がいた場所は、Aブロックの半分より前方、ステージ向かって左、田村さん側の大きいモニターの前の海側近くです。

08.さらさら
次も新しいアルバムからというのでまだ聴いたことがない曲かと身構えていたら、さらさらのイントロが来たのでちょっと拍子抜けでした。嬉しくないわけじゃないけど、私は亀の恩返しで聴いていたので、あ、さらさらかぁと少し気が抜けました。
でも野外で聴くのはまた一味違ってよかったですけど。ただサビの部分もう少し盛り上がるかなと思ってましたが、思っていたより周囲は盛り上がっていなかったです。

09.ルキンフォー
この曲もライブは初聴きだったのですが、イントロが物悲しい感じですごく心に染みてしみじみとしてしまい、こんな良い雰囲気の曲だと感じていたっけと、意外な気持ちで聴いていました。初秋の雰囲気とこの曲が合ってるのか、ライブの演奏がより一層よかったのかわからないけど、今までよりもこの曲が好きになってしまったようです。

10.運命の人
このライブバージョンの運命の人が打ち込みで始まるというのを、今回自分の目で確認できました。イントロ部分で前三人の内、手が動いているのがマサムネさんだけで、他二人はひまそうにしてたから。特に田村さんがほんとにひまそうにしていたのを見て、ああこれが打ち込み始まりかー、と気がついたわけです。崎山さんも少しひまそうで横向いてたりしてましたね、たしか。
私はステージを見ていると言っても楽器の演奏はあまりよく見えていない(見てもよくわからないので見えていない)ので、こんなことでも気がつくとちょっと嬉しくなります。
運命の人はサビが気持ちいいので、野外だとそのありがたみが増していいなと思います。

11.りありてぃ
イントロが始まったとき、不意打ち食らった感じですごくびっくりしました。意外な、でもありそうな選曲でした。ノリのいい激しめの曲なので飛び跳ねられてとても楽しかったです。
「普通の金魚が2匹」「慣れれば気持ちいいでしょ?」がライブで聴けてすごく良かったですね。激しい曲なのに可愛い金魚だったりですます調の疑問形で、そんなソフトな言い回しなのに裏がある歌詞っていうのが、なんかスピッツらしいくせのありすぎる歌だと実感できます。

MC3
りありてぃの曲紹介でマサムネさんが「りありてぃかっこひらがな」と言ってたのが面白かったです。たしかにかっこひらがなであるところに意義がありますね、この歌。
そして次の曲紹介でも「新しいアルバムから」と言っていたので、初めて聴けて嬉しいけど、残りはツアーに取って置いてとちょっとハラハラしてしまいました。

12.ランプ
前の曲と一転しみじみとした歌が来て、夜の闇の中で海風に吹かれながら、一層感傷的な気分で聴くことができました。これも夜の野外イベントが初聴きでよかったと思える曲ですね。"ランプ"だから暗いほうが雰囲気ありますもんね。
ただその一方で「スワンがこなくて良かった」とも思う自分もいます。一番好きな歌はこんどのツアーを初聴きにしたいと思っていたので。ステージのセットで黒鳥があってちょっと心配だったけど、この歌が来たことでたぶんスワンはもうないなと少しほっとしました。いや、ランプもいい曲なんだけどさ。

この曲のときマサムネさんの足元に歌詞モニターがあるのが見えて、やっぱりカンペはあるのねと思いました。ハチミツとかの間違えは忘れたと言うより思わずつるっと出ちゃったんでしょうね。
あとキーボードが途中少し間違えていたみたいです。私はギター・ベースやドラムの間違いはよっぽど外さない限りさっぱりわからないけど、さすがにキーボードは、とくに主旋律にかかわっているとわかってしまいますね。

ここでMC4が入りますが、その前に言ったタイミングがわからないMC・たぶん前半です。

「スピッツは結成して26年経ちました」とマサムネさん。しかしこの前後の脈絡は不明。

MC4?で。「スピッツ結成26年にして崎陽軒とコラボしました。シウマイまん。みなさん食べましたか? あれは美味いですね」と話した後で、マサムネさん、しばらく無言で、「えー、この話はこれ以上特に考えてなくて(笑)」と相変わらずうまくオチをつけられないMCになってました。

MC3か4?にて。オトナの!に出演したとき。マ「あれ、ほんとうは崎ちゃんも田村もあの十倍はしゃべっていたからね」「エロトークばかりしてたから」
めざましでも、田村さんが新しいアルバムを味噌汁に例えた話をした後も、いっぱい話したのにカットされて、とマサムネさんたち、不満とまでは行かなくても微妙に残念そうに語ってました。

ひょっとしたら後半かもしれないし前半かもしれないもの。
マ「オトナの!に出て、顔色悪いといろいろと言われて」。テ「あれはね、ロックロックの翌日、しかも打ち上げのあとだったから。飲み疲れ」

MC3か4?にて。Aブロックの海側の人が通りがかりの船に手を振っていたのを見て、テッちゃんが「あれ、昨日のリハでもいた船だと思うけど、すごい音でタイタニック流してたんだよ(笑)」「そのあとダンシングクイーンもやってたね」

そして確実にMC4で言ったこと。
次の曲へ行くときに「少し古い曲をやります」とマサムネさんが言ってました。

13.アパート
夏のイベントで初聴きを楽しみにしていた曲その2です。すごく楽しみにしてて嬉しかったけど。でも最初のイントロで、キーが少し高くなっていたのかな、ちょっとわかりにくかったです。全体的にもCDよりキーが高めで、いいんだけどちょっと変な感じがしました。それでも好きな曲なので初めてライブで聴けてほんとに嬉しかったです。マサムネさんのハーモニカも聴けて、なんとなくお得感がありました。

14.月に帰る
既に一部感想を書きましたが、この曲のときは演出がとても素敵でした。
アパートが終わったあと、モニターに月がくっきりと映し出されて。ちょうど私の所からはモニターの真上に実際の月が昇ってきていて。上弦の月より少し太っていて10日ぐらいの月でした。モニターはクレーターまで見えて綺麗に映ってるなと思っていたら、イントロが流れてきて、その瞬間は言葉にならないほどの感動が走りました。神秘的で美しい演出でしたね。また間奏に入る直前だったか一度歌い終わるマサムネさんの顔がフェードアウトして月がまたモニターに浮かび上がってきたところも雰囲気ありました。
もちろん歌も最高に良かったです。聴けるとこれっぽっちも予想してなかったのですごく嬉しかったです。
それから私よくわかってなかったのですがアウトロでドラムが意外に激しくて驚きました。特にシンバルを激しく叩いている音が、月に帰るときに銀の光がきらきら散りながら舞い上がるイメージになって、なんか感動しました。あの演出のおかげで浮かんだイメージかなと思います。
今回の初聴きで一番聴けて嬉しかったのは渚なんだけど、一番聴けて感動したのは月に帰るだなと思います。

15.チェリー
とうとうこの曲をライブで聴いてしまったか、と微妙なニュアンスで感慨深いものがありました。
前日のリハでこの曲をやったとツイッターで見かけて、ああ、とうとうチェリーを聴く日が来るのかと思ってました。しかも当日はリハーサルの音を実際に遠くで聴いてしまったし。チェリー聴いちゃった…と微妙な気分にもなりました。
しかし。スピッツファンになって、可もなく不可もない歌から、あんまり好きじゃない歌になってしまったのですが、実際にライブで聴くと、やっぱり好みはともかく名曲だなと実感できました。これでスピッツの三大代表作を全部ライブで聴いたことなり、それはそれで良かったと思います。

続きはまた後日です。できるだけ早めに書きたいですね。遅くても一週間以内が目標です。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment

小梅 says... "横浜サンセット"
ご無沙汰しております。
コメントさせていただこうと書きかけては消しての繰り返しで・・・
文章って本当に難しいですね。

こけごろもさんが、横浜サンセットに参加されると知ってすごく嬉しかったです。
私も落選続きで、最後の最後にやっとチケットを取ることができました。

どうやら、こけごろもさんのすぐ近くにいたみたい。
「月に帰る」の時モニターの上に見えていた月、忘れられないです。

月の記憶は鮮明なのに、曲の記憶がほとんど無くて。
レポを読ませてもらって「そうだった!」と思い出しています。

私は関西からの日帰り遠征だったのですが、思い切って行って
本当に良かったです。

それではレポの続き楽しみにしています。
2013.09.19 10:44 | URL | #- [edit]
こけごろも says... "Re: 横浜サンセット"
小梅さま

お久しぶりです。コメントありがとうございます。またいつも読んでいただきありがとうございます。

私も、なにによらず文章を書こうとするたび修正ばかりで書き終わらなくて苦労してます。さらさらと短時間で書ける人がうらやましいです。

それにしても小梅さんも横浜サンセットに参加できていたんですね。今回でチケット取りの苦労を実感したので、行きたい人が一人でも行けていたことがわかるとそれだけで嬉しくなります。
Aブロックの海側だったんですか、小梅さんも。偶然ですね。あの時みんな同じ月を見ていたと思うと不思議な気持ちです。あれ以来月に帰るがますます好きになりました。
私も記憶が一部分、断片しかないのばかりで、つじつまの合う話にするのが難しくていつももどかしい思いをしています。行った人たちにとって少しでも思い出すきっかけになっていれば嬉しいです。

関西から日帰りは大変だったと思いますが、あのイベントは遠征する価値があったと思います。小梅さんが無事に参加できてほんとうによかったです。
2013.09.22 20:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/247-da42e858
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。