裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

THE FUTURE TIMESの感想

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

THE FUTURE TIMESの感想を書くと言ってまだでした。今更ですが自分の記録として載せておきます。
例によって少し長い感想なので追記に入れます。

マサムネさんのインタビュー記事ですが、まるまる1ページ割いて、そのうち写真1/3、文字1/3という割り振りでした。新聞の特集が「震災を語り継ぐ」だったので震災のことにも触れてます。

「その頃は『音楽やるって意味あんのかな?』みたいに考えた」というマサムネさんの言葉。そういう言葉を見聞きするたびに私は悲しくなるというか、ファンとしても一般論としても「そんなことはないよ。意味があるに決まってる」と言いたい気持ちになります。でもマサムネさんの言葉のような悩む言葉・問いかける言葉が不要だとは思わないです。
音楽等の娯楽の類はそれがなくては生命・身体が維持できないというものではないですし、不幸な時に娯楽に興じるのは不謹慎という考えがよく見受けられる以上、悩む人がいるのはむしろ当然です。また私は娯楽を提供する側ではないから必要だと断言できるのであって、マサムネさんたちと同じ立場であれば、実際に直面したときにそれは必要だと他人に向かって主張する自信はないです。
たしかに「不幸な時でも音楽が必要だ」と言い切るのは大切ですが、強い言葉であるだけに反発も生まれます。でも悩み考えた末の結論であれば、その思考の道筋が理解できれば反発は生まれにくいでしょう。
断言する強い言葉が、悩み問いかける弱い言葉によってよりたしかなものになると思います。

僕はきっと旅に出るに震災以降の気持ちが無意識に反映されているという話。未来が見えにくいからこそ未来を見たくなるとのことですが、おそらく、僕はきっと旅に出るは作られた当初ではなく今発表されるべきだったのかもしれないです。そういう経験を通過しないと生み出されなかったのかもしれません。

最後の段落部分。音楽を続ける覚悟があって、音楽は自分の役割と考えて、大道芸人のように音楽を鳴らして対価を得るのが自分たちの基本、という趣旨の言葉を読むと、そう思ってくださってありがたいし嬉しいと心底思います。

また他の記事について。実を言うと、こういう社会問題を取り上げる読み物は苦手です。でも一通り読みました。なるほどと思うこともあれば首かしげたくなるものもありました。全部感想を書くときりがないので、一番印象に残ったものだけ。災害の記憶は記念碑よりも桜や伝承言い伝えのほうが有効なのではという、初めの二つの記事ですね。石碑なんてほんとに読みづらいですし、木製・鉄製の看板でも手入れされていない状態だと文字を追う気になれないことがあるので、とても納得しました。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/239-828ce238
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。