裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

『RECYCLE』感想その4

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

『RECYCLE』の感想4回目です。
相変わらずにわかファンが言いたい放題で語っておりますが、どうぞお付き合いくださいませ。

※好き嫌いを五段階評価で表してます。
 ★5とても好き、★4好き、★3ふつう ★2いまいち ★1だめ・苦手

10 夢じゃない
★2
昔聞いたときは、なんか暗くてどんよりした曲だなと思って、それきりなんとも思わずにいました。スピッツにはまった後も、他の歌とくらべたらそんなに好きというわけではないのですが、感想を書くために何回も聞いているといろいろ思うことが出てきます。
曲は少し暗めなのに、詞はネガティブワードが実は少ないんですね。むすっとしてるから嫌なことでもあったのかと思っていたら、実はすごく喜んでいたって感じ。内容的には「君をずっと守りたい」という恋愛成就の後の歌ですからね。よく聞かないとそんなこと言っていたなんてわからないよ、と文句言いたい気分です(笑)。
ところでRECYCLEはシングルの発表順に並んでいるということですが、この歌は曲順が後のほうなのに、草野さんの声がいやに若いというか、すねたような感じの声なんで、なんか変だなと思ったんですよね。そこで歌詞カードのディスコグラフィをよくよく見返してみると、アルバム収録はもっと早くて(93年)、あとからシングルカットされた(97年)そうで、ここでやっと納得しました。
好きなフレーズは「丘に登ったら~君にうもれていた」かなあ。丘の上の幸せそうな二人を連想しますし、「季節の魔法」ってなんだろうと気になっちゃうので。しかも「君にうもれていた」…。やばい体勢を連想してもいいんですか?(笑)という気分になります。
あんまり好きじゃないと言いつつ、心に残る何かはありますね。

11 運命の人
★4
あっけらかんとした明るい曲ですね。このかるーい明るさはけっこう好きです。でもはまる前はサビの辺りしか覚えていなかったかも。
そのサビ部分が特に好きですね。「走る 遥かこの地球(ほし)の果てまで」のところが伸びやかで、どこまでも遠くまで行けそうな気分になれます。1番も2番もそのあと少しみっともない言葉が続きますが、不器用な人でもあきらめなければ幸せになれると言ってくれているようで、前向きになれて良いです。
この歌は面白い詞が多いですね。世間でもよく引用されやすいというか。「バスの揺れ方で人生の意味が解った」や「愛はコンビニでも買えるけれど」など。悪く言うとあざといんですが、でもこういう才気走った詞は素直に好きだと言ってしまいます。面白いですよね。
だから好きなフレーズも多くて、どれが一番かと言われると迷います。「余計な事はしすぎるほどいいよ」とかね。でも、うーん、「いつももらいあくびした後で涙目 茜空」かしら。もらいあくびがなんだかこの軽い曲にあってるような気がします。
そういえば、これはシングルバージョンなんですよね? 詳しくないので自信ないんですが。いろいろ感想見ているとアルバムバージョンは評判悪いらしいので、フェイクファー収録のほうを聞くのがちょっと怖いです。

12 冷たい頬
★4
昔はこの歌はあまり好きでなかったような気がします。RECYCLEを買った身内はいい曲だと主張してましたが、当時の私はあまり良い反応しなかったです。なぜあまり好きじゃなかったのか今となってはまったく思い出せないんですが、たぶん最初に女言葉が出てきて気持ち悪いとか思ったからかもしれません。「僕」じゃなくて「君」が言った言葉だから問題ないはずなんですけど。昔の自分が理解できません(笑)。今はこの歌好きですよ。
この歌はメロディーが優しげで綺麗なのがいいですね。サビになって盛り上がるところも素敵です。
歌詞の内容は楽しかった過去の恋を歌っているとは思うのですが…。この二人はもう別れているのでしょうか。「さよなら僕の~」と歌っているので、ふつうは別れていると解釈すると思うけれど、今の私の気分としては別れてないと解釈したいです。さよならと言っているのは、「シロツメクサ」「手帖の~ストーリー」であり、浮ついた恋の思い出であって、「君」じゃないと解釈したいな。「冷たい頬に触れてみた」「午後」は過去もそうだけど、今この時もなんじゃなかろうかと。
まあ、別れの歌と解釈してもかまわないんですけどね。どっちにしてもいい歌ですよね。
好きなフレーズはさんざん悩んで、結局ベタに「それが全てで~時のシャワーの中で」にします。「時のシャワー」って想像しにくいけどなんだか不思議なイメージです。

次回でRECYCLEの感想終わらせられますね。あと1回分がんばります!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/21-24350d95
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。