裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

亀の恩返し2013・2日目 レポ&感想・その2

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

亀の恩返し2013の2日目について感想の続きです。あいかわらず無駄に長い感想ですが、よろしかったらどうぞ。
また記憶があやふやで、不正確な部分や意味が通ってない部分もあります。ご了承ください。


まず登場したのはスピッツでした。登場時に歓声があがりましたが、私のところからは姿が見えず。どこにいるのかと思っていたら、北西側からの登場で、ちょうど自分のいる2階席の下のほうから4人が現れました。

01.スターゲイザー
出だしを聞いてすぐテンション上がりました。とても好きな曲というわけではないけれど、「遠く~遠く~」の辺りはほんとに良い曲と思える部分ですから、すごく嬉しくなりました。会場から歓声もあがってましたし。こないだ出たDVDに収録されてましたが、私は直に聞いていないですし、やっぱり生で聴くのは違うと思いました。
照明は初め青で、やがて赤になっていたと思います。

MC1
マサムネさんが「元気ですかー」と言うと、客席から返事が帰ってきて、それにまた「元気そうですね」と返していました。いつもどおりの、盛り上げるというよりは、とつとつと話しかけてる感じでしたね。
以下は、このときか、後のMCかはさだかではない発言です。
「(亀の恩返しに)スピッツなんで、犬代表としてきました」とマサムネさんが言ったらけっこう会場の笑いが取れてました。そして「亀がいて、犬がいて、さらに、いきものがかりがいて」と言ったら、すかさずテッちゃんが「おれたち世話されてんの?」とツッコミ入れたので、また会場から笑いが起きてました。そのあとは「他に動物がいないかなと思ったけど、くれば、ひらいけん、はたもとひろ、うーん、いないですね。もうちょっといたらねー」と残念そうにしてました。

02.シロクマ
こういういろんな人が出演するイベントでやる歌と思ってなかったので、意外だなーと思いました。シングルだったしCMでも使われたし、ある程度の知名度はあると思いますけど。
個人的にはここで聴けてすごく嬉しいという気持ちにはならなかったけど、なんとなく幸せな気分になれました。曲調があまり激しくないのでゆったり聴けたと思います。
照明は薄い青緑だったと思います。

03.楓
これはイントロが聞こえた瞬間、息がとまるというか頭が白くなるというか、ほんとは一瞬気絶してたんじゃないかって思えるくらいびっくりしました。とうとう楓が生で聴けるっ! ものすごく、とってもとっても嬉しくなりました。もうほんとすごく嬉しかったです。
ただその割にこのときのことはあんまり覚えていないんですよね…。Cメロか最後のサビ部分で、鳴ってる音が少ないように感じたんですけど、その時はよく把握してなくて、あとでツイッターやネットで、そのときだけアコギの音だけになってたということがわかったんですよね。ちゃんと理解できてなかった自分が悔しいですね。
だからもう、BSプレミアムの放送では絶対に楓はやってほしいです。NHKに要望出しとこうかしら。
時期外れの曲ですが、そんなの気にならないくらい良かったです。マサムネさんの声もよく出ていたと思いました。すごく良かったのは覚えているのに、どう良かったのかが思いだせないのが残念すぎます。
照明は茶色にオレンジや赤が混じって、浮かび上がる模様も楓の葉の形をしていたような。晩秋の雰囲気でほんとに楓だなと思えました。

MC2
マサムネ氏、北側の、ステージから一段下がったところで演奏をしていたハウスバンドの人たちのほうを見ながら「今までお世話になったストリングスの人が、今日は後ろにいてくれて、CDを再現することができました」と言ってたのですが。楓のCDはストリングス入ってなかったような…。私は楽器に詳しくないから自信ないけど…と思っていたら、やっぱりマサムネさんの勘違いだったらしいと某所の情報。ですよねぇ。
実は今回ストリングスが入ったアレンジはあんまり…でした。個人的に。世間的には好評のようですが。今回のは特別バージョンと思って楽しみましたが、またいつかどこかでバンドサウンドのみのアレンジで聴きたいです。
そのあと「ここで新曲を聴いていただきたいと思います」的な新曲紹介をしてました。

04.さらさら
ライブで聴いたさらさらは思っていた以上に良かったです。なんだろう、バラードっぽいのにすごくのれる感じです。サビと大サビですごく飛び跳ねられますね。新曲公開のときのラジオでマサムネさんか誰かが静と動がある曲と言ってましたけど、ほんとにそうでした。なんか前よりこの歌好きになったかも。
最後サビを繰り返すときの声が重なる部分は、テレビで歌った通りに飛ばしていました。むりやり歌うわけにはいかないんでしょうね。
照明は濃いめの青緑だったような。水の底っぽかったです。

05.春の歌
これはイントロを聞いたときなんの曲か一瞬思いだせなくて、でも聴きたい曲だっていうのはわかって、頭の中で「ああ、なんだっけこれ。でもすごく聴きたい!」と必死で思いだそうとしてました。やっと春の歌だと思いだしたら、また天にも昇る気持ちになりました。このときも一瞬気絶というか記憶が飛んだような気もします。聴けてすごく嬉しかったのに、あまり覚えてないです。
でも田村さんがマイクスタンド蹴っ飛ばしたのはよく覚えていたりする(笑)。あいかわらず暴れ過ぎよ~田村さん。スタッフがあとでスタンドをそっと起こしていました。
あとはアウトロのところでマサムネさんがステージの向こう側、東のアリーナ席近くに行っていたと思います。
照明は薄い黄色だったような気がします。明るい春っぽかったような。でも個人的には今の時期までのイメージなんですよね、春の歌のイメージ。初春というより晩春・初夏なんです。だから個人的には、今ここで演奏するのはぴったりだと思いました。

ここまでで魔法のコトバがなかったので、たぶん最後にコラボでやるのかなと察しがつきました。ああ音漏れのネタバレ…。

今回一番顔を見れたのは田村さんです。しょっちゅううろうろする人ですからね。今回も、私は主に崎山さんを見てたんですが、田村さん、ほんとにガンガン視界に入ってくる(笑)。ひんぱんに後ろを向いて弾いてくれるし、北西のほうに近づいてくれるし。北西・西側に向かって手を挙げてくれるときもあって、思わず手を振り返しちゃいました。意図してやってくれたのか、単なる通常仕様だったのかはわかりませんが、ありがたいなあと感謝しています。やっぱりさすがリーダーですね。服は白と濃い色のボーダーのシャツ着てました。これもいつもどおりですね。

マサムネさんはあまりあちこち移動はしてなかったけど、時々後ろを向いたり横を向いたりして弾いてました。大きく移動したのは春の歌の最後だけだったと思います。場所が違うので私にとっては関係なかったですけど。だいたい顔はモニターで大写しに映ってるので、時々横目で確認すれば十分でした。服は黒地で白の縞が前についてるカーデを着てたような。どっかのサイトの写真で確認できるはずです。

テツヤ氏はやっている間一度も後ろは振り向かず、ほとんど動いてなかったと思います。らしいと言えばらしいですよね。正直言って私も注視してなかったんで、あまり記憶に残ってないです。でも時々モニターにギターを弾く手元とかが映ってました。服は覚えてないですが帽子をかぶってました。山が高くないシルクハットというか黒いカンカン帽というかそんな形の、山が平らの黒い帽子でした。ぱっと見、元ガンズアンドローゼズのスラッシュみたいだなと思ったです(昨年末の下北沢のイベント予習がこんなところに影響してますね)。

今回も私が一番よく見てたのは崎山さんなんですが、その割にまたあまり覚えていないという…。なぜだろう、一生懸命見てるのに。
最後に退場するまで後ろを向くことはなかったですが、ドラマーは移動できないんでしょうがないのは承知してますし、後ろ姿とはいえ演奏中さえぎるものがなにもない状態で見れるっていうのはとても貴重でした。
技術的なことはなんにもわかりませんが、手と足がいろんな動きをするのがあらためてすごいなと思いました。曲の終わりにスティック持った手を高く突き上げるところを見て、ああかっこいいなあと思ったり。曲の合間に水かなにか飲んでるところを見て、左を向いてたので正面の顔は見れなかったですけど、ちょっとだけ横顔が見えて喜んだり。横目でモニターを見たとき、マサムネさんの後ろに崎ちゃんの顔が映ってて、あ、ラッキーって思ったり。演奏中は早く激しく叩くところはふつうに素人目にすごいなと思うわけですが、それ以外では、シンバルを叩くときに身体や顔はそちらに向かないで腕だけがぴっと動いて叩くところが、ああっ、かっけー、すごくかっこええ、と思ったり。そんなようなところを覚えております。直に顔を見れたのは最後の退場のときだけだったんですが、モニターと比べると小さいですけど、見れて嬉しかったです。
服は赤地に白のボーダーかチェックのシャツで、七分ぐらいのグレー?のパンツだったと思います。

あとは、曲の間にお客さんが出演者の名前を叫んだりしますけど、あれ個人的には、えらいなー、よくできるなーっていつも思います。曲の間しばらく真っ暗になったので、一瞬やってみたいな…と思ったんですけど、やっぱり恥ずかしくて無理でした。

それから今回すごく客席からの手拍子が多かったですね。私はスピッツのときはあまり手拍子しないようにしてました。理由は単にスピッツの音を聞きたかったからです。その後の出演者のときは初めのうちはやってましたが、手が痛くなったので途中からやめました。

スピッツのときの感想はこんな感じです。この続きもまた長いので、ここでいったん切らせていただきます。続きはまた後日。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/169-e957e540
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。