裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

初めて聴いたスピッツの曲

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

ふと気になったので、私が初めて聴いたスピッツの曲はなにか、記憶をたどって当時のことを思い出したり調べたりしてみました。こんなこと私以外何の意味もないんですが、自分のための覚書ってことで。

確実に言えることは、スピッツの曲だと認識して聴いた初めての曲は、空も飛べるはず、だということ。ドラマの白線流しのときですね。私はあまり連ドラを見ないんですが、白線流しに限ってはリアルタイムで見てたんです。飛騨高山に少し興味があり、そこの高校で行われていた白線流しについてのドキュメンタリーを見たあと、白線流しを題材にしたドラマが始まるというので見たわけです。
ドラマの白線流しの放送期間はウィキペディアによると1996年1月11日から3月21日。つまり私が初めて「スピッツの曲」を聴いたのは1996年1月11日と言ってよさそうです。

問題はこの前に他の曲を聴いていたかどうか。その可能性を考えてみました。音楽に興味がなかったためメジャーな歌しか知らないでしょうから候補は限られます。

まずはロビンソン。これは1995年4月5日リリースです。
これを初めて聴いた状況は良く覚えてます。前にシングルのロビンソンの感想で書いたとおり、会社に新しいパソコンが来たとき、ついていたおまけCDの中にロビンソンが入っていたんです。そういうわけで会社で聴いたのは間違いないですが、それがいつだったかが問題です。聴いた場所の記憶をたどると、おそらく1996年の4月以降から1997年にかけてだったので、ドラマの白線流しよりも後、という結論になりました。スピッツにロビンソンという歌があるということはその前から知っていて、聴いたときに「スピッツのロビンソンってこんな曲なんだー、ふーん」と思った記憶がかすかに残っているんで、スピッツ自体は知ってたというところでも、空も飛べるはずを聞いた後の可能性が高いです。

涙がキラリ☆は1995年7月7日リリースです。これはシャープのCMソングだったんですね。うっすらとテレビCMで聴いた記憶はあります。どの時期にCMがオンエアされたのか事実は確認できなかったですが、リリース直後だったようです。そうすると1995年ということで空も飛べるはずを聞くより前だった可能性は高いです。

君が思い出になる前には1993年10月25日リリースです。この歌はたしか味の素のお中元かお歳暮のCMに使われていたはずだと思ったので調べましたが、ウィキペディアによるとそのCMは1997年らしいです。ウィキペ情報なので確実とは言えませんが、これを空も飛べるはず以前に聴いた可能性は低いようです。

結論。
確実なのは、1996年1月11日にドラマ白線流しの中で聴いた「空も飛べるはず」。
可能性としては1995年7月7日以降にCMで「涙がキラリ☆」。
ということになりそうです。
ただ"スピッツの曲"と思って聴いたのは空も飛べるはずが初めてなんで、初めて聴いたスピッツの曲はなんですか?と聞かれたら、「『空も飛べるはず』です」と答えることには変わりありません。

以上、だからなにって言われそうな内容ですけど、なんか自分のスピッツ初体験が気になっちゃったもので。実際このころは、まさか私がスピッツの大ファンになるなんて思ってもいなかったから、あやふやなのも当たり前なんですけど。
このころからファンだったらねぇ…と思わなくもないですが、ご縁がなかったのはしかたのないことです。後でファンになる運命だったんですね、きっと。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/139-3c8ff718
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。