裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

さらさら 感想続き

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

19日と21日にあったJ-WAVEでのスピッツ・インタビュー、ちゃんと録音できました。よかった、よかった。

19日は4人全員の話が聞けました。東京について田村さん、崎ちゃん、テッちゃんのそれぞれの話とそれに続いてマサムネさん含めたやりとりが少し。
前日のマサムネさんの話と合わせてそれぞれの東京観が興味深かったです。私は一応東京出身*なんで、東京をポジティブに語られるのは嬉しいですね。
  *なんで一応かというと23区じゃなくて多摩地区出身だから

21日はラジオについての話でした。初めマサムネさんのコメントで、そのあとメンバーの会話が続きましたが、そこでは主に田村さんとマサムネさんがしゃべってました。崎ちゃんは時折言葉をはさんでましたが、テッちゃんの声はあまり聞こえなかったような。初めてスピッツの曲がラジオで流れたのはインディーズのときの曲だったそうです。なんの曲だったんでしょうね。

あとはまた、さらさらの感想です。まだ言い足りないことがあるので。
大した長さではないですが、追記に入れます。




初放送の翌日、会社にいる間中、頭の中でさらさらが流れっぱなしでした。そのときは2回しか聴いてなかったのに、ちょっとおかしなくらい耳に残ってたんですよね。
帰ってから3回目に聴いたら、ほぼメロディを覚えました。ほんとに覚えやすいメロディで耳から離れてくれません。
結局この数日、さらさらを何回も聴きました。中毒になりそう。やばいわ。

正直なところ大好きとは言えないし、すごく良い曲とも思わないんですけど、聴いているうちに気に入ってきたような気がします。特にイヤフォンで聴くと、パソコンからだと気がつかない音がわかって、いい感じに聴こえます。ファンのひいき目かなと思いつつも、だんだんいいなと思えてきます。

詞に「雨の音」とあるせいもあるのでしょうが、部屋の中で雨が降っているのを聞いている時のような印象です。イントロのコーラスが水の流れる音のようにも聞こえて、ここはさらさらという感じがします。
水の透明感のようなのは感じますが、いわゆる「スピッツのいつもの爽やかさ」が薄いように感じます。あんまりスピッツらしくない、というのはそのあたりから感じるのかもしれないです。
詞は内省的というかひとり言のように感じますが、閉じた世界にいる印象はなくて出口は見えている感じです。例によってまた"抜け出し"てるし(ほんとにマサムネさん、"抜け出"すの好きだよね)。詞の雰囲気は、さらさらと手から水はこぼれているけれど、ちゃんと入れる容器はあって水がたまっていくような感じ、なくなったものもあるけれど残されたものがある喜びがあるような気がします。

ネットの感想だと夜を駆けるやフェイクファーに似ているというのを見かけますが、私は音階とかコードとかはわからず、単なる曲の雰囲気しか区別できないので、この2曲と近いという印象はないです。雰囲気的には違うと思います。メロディが似てる・連想するという意味なら、私はイントロは漣を、Cメロとか大サビとか言われる辺りの終わりで放浪カモメはどこまでもを少し連想しました。

でも既存曲と似ていることよりも、やっぱり私は、なんか今までと少し違う雰囲気になった、という印象のほうが強いです。それがどういう方向に向いているのかはよくわからないけれど、たしかに変わったように思います。それはファンの欲目で、世間的にはたいして変わってないのかもしれないですが。

まとまってない感想だけれど、どうしても語りたくなったのでまた載せてしまいました。
ほんとにシングル発売が待ち遠しいです。
あんまり売れなさそうな気もするけれど、世間様が買わなくても、私は間違いなく買います。今週中には買うお店決めて予約しようと思います。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/136-8e7ec687
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。