裏庭住まい

飽きるまでの仮の宿は6年目。更新は少ないですがほそぼそと続けます

横浜の思ひ出 

 みなとみらい 

 赤レンガ倉庫 

 夜の海 

スポンサーサイト

Posted by こけごろも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

ap bank fes '12 つま恋編の感想 (追記あり)

Posted by こけごろも on   0 comments   0 trackback

前の記事に引き続き、今度はap bank fes '12 つま恋3日間のライブの放送についての感想です。
私にとってはこれがメインで、特別編はおまけです。遅ればせながらの感想で時期外してます。すいません。

つま恋編は10/6にBSプレミアムで放送してました。
我が家はBSプレミアムはケーブルTVで見てます。
今までケーブルTVを録画する方法を知らなかったので、今回の放送のために必死になって録画方法を見つけました。リアルタイムで視聴できずスピッツ聴けなかったら悲しくなっちゃいますから。ただただスピッツが聴きたいばっかりだったんですけど、我ながら必死過ぎて涙ぐましいような、ドン引きしてしまうような気分です(笑)
そして案の定リアルタイムではなく録画で見る羽目になりました。
録画なんで見たいところだけ見てもよかったのですが、全体の雰囲気もなんとなく知りたかったのでスピッツだけじゃなく全部通して見ました。

以下は放送された曲です。

Bank Band : よく来たね
Salyu : 青空
Crystal Kay : Boyfriend PartII
持田香織 : tokyo hotaru
JUJU : ただいま
Jason Mraz : I'm yours
Jason Mraz : I won't give up
平井堅 : 告白
平井堅 : 瞳をとじて
ゴスペラーズ : It's alright ~君がいるだけで~
ゴスペラーズ : 永遠に
ストレイテナー : シンクロ
ストレイテナー : Melodic Storm
MONKEY MAJIK : 虹色の魚
MONKEY MAJIK : Headlight
Spitz : 涙がキラリ☆
小田和正 : たそがれ
小田和正 with 桜井和寿 : その日が来るまで
Mr. Children : Drawing
Bank Band with Great Artists : to U

まずはスピッツ以外の人たちの感想をざっと書きます。
最初のよく来たねで、桜井さんの笑顔を見て、この笑顔におなごは惚れるんだなあとしみじみ思いました。私は惚れないんですけど気持ちはわかるみたいな。
次の女性4組は歌声はよかったですが、選曲がいまいちピンとこなかったです。全体的に無難な曲という印象で、みんなもっといい曲あるんだろうにと思いました。私があまり知らないだけで、ファンだったら別の感想になったのかもしれないですが。この中ではCrystal Kayさんの曲がライブで聴くのは楽しそうでいいなと思ったぐらいです。
あと余談ですが、持田香織さんのときに変な細長い箱みたいな楽器が映ったので少々気になりました。
Jason Mrazさんは特別編で聴いたときは、良い歌手なんだろうと思いつつそれほど感銘受けたわけでもなかったけど、通して聴いたらなんかかっこいいと思ってしまいました。まあ私たちの世代って今の若い人たちより洋楽への憧れが強かったんで、私も外人さんの歌手にミーハー根性が出たというところなんでしょう。
その後のスピッツ登場前の4組はそれぞれいいところがあって盛り上がりもよくて楽しかったです。
スピッツ登場後の小田和正さんは、もう年だけど声出ててさすがだなと思いました。
その後ミスチルのDrawingでしたが、これも特別編で聴いてたもののいまいちだったんで、Tomorrow never knows聴きたかったなあと思ってしまいました。きっと他の日にやるんでしょうね。残念。
最後のto U、以前にタイトル知らないままラジオで聴いていて気になっていたのが、今回聴いてやっとタイトルと曲が一致しました。ap bank fes用の曲なんですね。良い曲だと思います。
全体的には楽しめましたが、ちょっと聴きとりにくい感じもしました。特に演奏の音は聴こえづらかったです。

そんでもってスピッツの感想です。
事前にスピッツは1曲だけだという情報を見ていたので、多少がっかりしつつ登場を待ち構えておりました。直前の曲までけっこう盛り上がる感じで、スピッツの曲はどういうふうに聴こえるかと少々不安でしたが、取り越し苦労でしたね。
イントロが聴こえた瞬間ものすごい音で、一瞬、放送の音量を上げたのかとびびったくらいです。とくにベースの音が力強くて田村さん相変わらず元気だなあと姿を見る前から思ったほどです。
演奏は5人しかいなくてシンプルな音なのに力強くしっかりとしていて、とても盛り上がってました。涙がキラリ☆は歌詞やタイトルのわりに音が重いと思うので、聴いていて迫力あってかっこよかったです。ただ途中ちょっとテンポが速くなったようなところもありましたけどそれほど気になることではなかったです。
歌は、一番最後の一番高い音が綺麗に出ていてすごいなと思いました。高音なのに柔らかくて太い声なので耳に刺さらず聴こえて気持ちいいです。
歌と演奏が主張し合いながらも不協和音になることなく響き、それぞれのバランスが取れているのが、ファンのひいき目入っていても素晴らしいなあと思いました。
あと選曲もよかったです。涙がキラリ☆だと、それなりに皆に知られていて、でもチェリーや空も飛べるはずほどいつもの歌感がないので、ファンじゃない人もコアなファンも楽しめたんじゃないかなと思います。
映像的にはもっぱら崎山さんメインで見てました(笑)。やっぱり笑顔が素敵です。
1曲しかやらなかったことは事前の期待を思うとたしかに物足りないです。しかし聴き終わったあとの充足感がものすごくて。他のアーティストから2曲通じてもらったものと、スピッツからの1曲が同じくらいで、ほんとにおなかいっぱい、1曲でいいやという気分になったんですよね。なんだろう、この異様な満足感。ちょっと不思議です。
そんなわけでほんとにBSプレミアムで見れてよかったなと思いました。

とりあえずはこんな感想です。他にも感想はありますが、もやもやしていて上手くまとまらないのでそのうちに。今日は単純に番組を見て楽しんだことだけ書いておきます。


◆追記(2012/12/23)
ap bank fes '12を見た感想で批判的なことは後で記事にするつもりでした。ですが批判だけを記事にするのもなんだかなと思ったので、追記という形にとどめます。
批判なので当然スピッツには優しくない意見です。悪口みたいな言葉は見たくない人は以下は読まないでください。批判が気になる方だけどうぞ。例によって長い感想ですが。
また、あくまでもごく個人的な感想です。私の意見が正しいと主張する気はありません。ご了承ください。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

リアルタイムでは見れなかったのでツイッターで間接的に放送内容を確認してましたが、スピッツ1曲&toUに出ないとわかった後のTLの荒れっぷりは、気の毒なほどでした。
ついっぷるを使っているのでトレンドの代わりにHOTワードなのですが、HOTワードはトレンドより反応が遅くて継続的にツイートがないと出てきません。しかも放送は地上波ではなくBSです。それなのに放送直後HOTワードに「スピッツ」が出たんですよね。相当たくさんのファンがショックを受けたんだろうと思いました。
ふつうテレビに映るのはファンを喜ばせるためなのにがっかりさせるなんて、とスピッツの出演の仕方に疑問を持ちました。

実際に録画を観て、演奏が1曲のみだったのはまあ許容範囲と思いました。ほんとはファンのひいき目抜きでも他の出演者との比較で1曲ではなく2曲だろうと思いますが、上でも書いたように個人的な充足感は得られましたからね。
でもtoUにマサムネさんがまったく映ってないのは…。正直な感想を言うと「気味が悪い」です。NHKの仕事ぶりが凄過ぎて、マサムネさんの存在がきれいに消えてましたからねぇ(実際にはわずかに見えるのがあるらしいですが)。悪いけど私、スターリンの側近が粛清されると写真から削除される話を思い出しましたよ。大げさなと思われそうですが、その場にいなかったことにして作り変えたという意味で連想しちゃったんで。
ちなみに視聴直後の私の気分は、スピッツファンとしてマサムネさんが出ないことにがっかりした、ではないです。あんまりtoUは興味なくて、どうしても見たいとは思ってなかったので。どちらかというとNHKファンとしてNHKに不自然な編集をさせたスピッツに不快感を覚えてました。
NHKは(色々批判されることもありますが)映像アーカイブを作る、映像を記録することについては真摯に取り組んでると私は思ってますから、出演した人が存在しなかったかのように編集するなんて通常はありえないと思います。人気や知名度に応じた時間配分とは違うであろう編集を見せられて、嫌な気分になったのです。
ご本人たちには相応の正当な理由があるんでしょうけど、理由はどうあれ個人的に「気味が悪い」としか思えませんでした。そこまでする?と思いましたね。そこまでする理由について大人の事情的な変な理由しか思い浮かばなくて、不快な気分になりました。

また再放送ではスピッツはまったく映らなかったらしいです。再放送に映らないことでどんなメリットがあるのか、私にはわかりません。ファン以外はスピッツがいるかどうか気にしてないだろうし、たまたま気付いた人は不快にならなくても変だなと思うだろうし、ファンは出なくてがっかりするし、視聴者的には良いことないような気がします。
スピッツにとっては私には理解できない良いことがあるんでしょう。でも私は釈然としませんね。

頻繁にテレビに出る必要はないと思いますけど、不自然に映像を伏せるのはいかがなものかと思います。なに出し惜しみしてんのとしか思えないです。私は観てませんが以前は映像にモザイクかけたこともあるらしいですね。ほんとだったらこれも薄気味が悪いです。
スピッツの音楽は好きですが、映像の出し方は今のところ好きになれないです。価値観が違うからしかたないのでしょう。ファンだからと言って全部支持する必要はないし、逆に自分の価値観を押し付けていつまでも文句を言うわけにもいきません。不満はあるけれど価値観の違いとして受けとめています。

批判的な感想はこんな感じです。もう少し軽い感じで書きたかったけど、偉そうな物言いになってしまいました。すいません。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kokegoromo.blog.fc2.com/tb.php/106-4a41a202
太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。